その考え、間違ってるかも?ミレニアル世代への5つの偏見

あなたの周りでも、若いミレニアル世代に対する変な偏見はありませんか?4年後の2020年には、職場の50%をミレニアル世代が占めるとも言われています。IBMを例に挙げると「間違った見方をするのは良くない」とし、偏見をなくそうと研究も行なっているそうです。

そんな「ミレニアル世代」に対する、間違った偏見をトラビス・ブラッドベリーさんが5つにまとめているので紹介しましょう。

偏見 その01.
彼らはすぐに休みたがるし
ラクな仕事ばかり選ぶ

Medium c1e5a67046dd260dc9362c07b125400f211490ed

休日を待ちわびているのは、みんな同じです。それに、わざわざつらい仕事をしたいと思う人なんていないでしょう?

休みがどれだけ取れるか、仕事量がどれだけか、を就職時において重要視している人もたくさんいます。これは「若いからどうこう」という話ではないはずなのです。

偏見 その02.
すぐに褒めてもらいたがる

褒められたいのは、ミレニアル世代に限ったことではありません。たとえ50歳になっても、褒められたら嬉しいのは、みんな同じです。

偏見 その03.
遠慮もしないで
職場にプライベートを持ち込む

これは偏見というよりは、勘違いだと言ってもいいでしょう。むしろミレニアル世代は、プライベートと仕事をはっきり分けたいと考えています。たとえば「SNSは職場の人たちに見られたくない」と思っている人も多いのです。

偏見 その04.
自分の意見がない

Medium e48b3330fcf5c35b80fc0f3acb9b21f8ac2b961b

「ミレニアル世代は、ほとんど自分の意見を言わないだろう?」と考える人もたくさんいますが、それはまったくの誤解です。

彼らは自分の意見を述べることに抵抗があるわけではありません。会社の決定を信頼した上で、その意見に同意しているだけ。

偏見 その05.
やりたくない仕事をさせると
すぐに辞めたがる

ミレニアル世代が会社を辞める大半の理由は「他の会社のほうが給料がいいから」ということ。やりがいのある仕事がしたい!というその情熱が打ち砕かれることよりも、給料が安いことのほうがよっぽど転職の動機としてあり得る話なのです。

いかがでしたか?

とくに、若い世代の人たちを雇う機会が多い会社は、最初から変な色メガネで見るのではなく、まずはミレニアル世代と偏見抜きで話をしてみることが大切なのかもしれません。

ABOUT THE AUTHOR:

Travis Bradberry, Ph.D.

Dr. Travis Bradberry is the award-winning coauthor of Emotional Intelligence 2.0 and the cofounder of TalentSmart—the world’s leading provider of emotional intelligence tests and training serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries.

Dr. Bradberry has written for, or been covered by, Newsweek, BusinessWeek, Fortune, Fast Company, USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, and The Harvard Business Review. He is a LinkedIn Influencer and a regular contributor to Forbes, Inc., Entrepreneur, The World Economic Forum, and The Huffington Post.

Licensed material used with permission by talent smart
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
「一般的にはこう」と決められているような事柄を、一歩引いた視点で見つめ直し、考えを正す。その結果、人生がより充実する、なんてこともあるでしょう。「Thou...
芸能人でも話題となることが増えている、「女性が年上」の年の差カップル。年下の彼氏に憧れる女性もいるでしょう。しかし、ならではの悩みも当然あります。1.彼と...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
淡々としている、何を考えているかさっぱりわからない、必死さが足りない。他の世代から見た「さとり世代」はこんな感じ?なにかとネガティブなイメージで捉えられる...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABOいつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だったことが、今では形骸化している...
昔は、社会人になればすぐに、甘えの許されない状況に立たされざるを得なかった。それを行ううちに、社会を支える一人の大人としての自覚が生まれたものだ。ところが...
なにかと話題の「ゆとり世代」でしたが、続いて「悟り世代」が、そして最近は新たに「つくし世代」という言葉ができたようです。では「つくし世代」とはいったいどう...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
男子が普段の印象からは全く想像できないほどのすてきな行動をしたり、想定外の特徴を持っていることを知ったとき、女子は、うれしさのあまり「ギャップ萌え」してし...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...