今夜、銭湯に行きたくなる!詳しすぎる「イラスト図鑑」が話題に

密かに訪れている、銭湯ブーム。人気のTV番組で紹介されたり、「銭湯部」なるサークル活動をしている企業があったりと、最近では若い人の間でも人気になりつつあります。

そんな銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出版されました。

本書には、京都市内の銭湯が全部で17軒も紹介されていますが、ここではその中から少しだけ、中身をお見せしたいと思います。

京都の「銭湯」を丸はだか?

Medium f220bc9e8208636b211b732ddb73175e588907e6

見てください、この細かい見取り図。

「怪しく光る浴槽」なんて言われたら、思わず行ってみたくなりますよね。

Medium 0e822a823a747c63727dd55b507707f22823bf84

建物の意匠や材質、普通ならスルーしてしまいがちな脱衣所にもしっかりと目を向けているのが、この図鑑の人気のポイント。

Medium 9d032be6ac9e92fac770ef6099ee13e6de3b34bc

なかには、こんな断面図で解説しているページも。

他に、取材の間に出会った人々との逸話や、銭湯でおこなわれているイベント(落語やコンサートなど)を紹介したり、吐水口の形状(どこの銭湯にライオンの吐水口があるか、気になりますよね?)、タイルの柄、ロッカーの鍵の形状、番台の作りなどが掲載されています。

のれんをくぐった気分になれる世界観!

Medium 5a240dfeb4029d5d983e743d99a6279e2dad1b0b

このように味のあるタッチで、外観も紹介をしています。「古い建物が好き」という作者のこだわりが感じられますね。

Medium 21861de3de09685872caa731fa25d9f38bc327c4

ページを開くと、まるで銭湯ののれんをくぐったかのような、丁寧に描き込まれた脱衣所の内観が広がります。

いざ、今夜は銭湯へ

中には錦鯉を見ながらお風呂に入れる銭湯や、ガラス越しに60羽ものインコが見られる銭湯もあり、紹介されている17軒は、どこをとっても訪れてみたくなるところばかり。

京都に住んでいる人なら本の中からお気に入りの銭湯を探してみるのも良いでしょうし、他の町に住んでいる人も、作者のような目線で近所の銭湯を巡ってみるのも面白いかもしれないですね。

ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。ここ...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本...
「カラオケ行きたい派」の人と、「ボルダリング行きたい派」の人が半々に分かれてしまうことってありますよね。…え、ない?そんなことを言わずに、ぜひ見てもらいた...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
コールドプレスした野菜やスーパーフードなど、従来とは一線を画するかき氷が続々と登場している昨今。そのほとんどは東京で生まれたものですが、実は京都には、こん...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
いま、ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。お堀に抹茶が流れてきた〜!「京都、抹茶流れてる。」...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...