「ありがとう、築地」。そんな想いが詰まった1冊の絵本

「築地」であり、「TSUKIJI」。そんな世界一のフィッシュマーケットはいま、揺れる移転問題の渦中にありながらも、ますます存在感を増している。

日本の美食を体現する中心地でもあり、国内はもちろん、多くの外国人観光客の胃袋と感性を満たしてきた。一度でも訪れたことがある人なら、「今までありがとう」が素直な思いなのではないだろうか。

そんな、たくさんの感謝の気持ちをまとめた1冊の絵本がある。それが『築地市場 絵でみる魚市場の一日』だ。

緻密な取材の熱量を
リアルなイラストで楽しむ

Medium 31e038d75fc54bcbd2a9b4ffec9680ed9ef6b1bd

モリナガ・ヨウ氏によるこの絵本では、夜23時から朝7時くらいまでの、築地市場がもっとも活気にあふれている時間帯が描かれている。初めての取材で感じた衝撃は

「大きな生き物の中に入り込んだ感じ」

だったとか。

「築地」は、立ち寄る者にも、何かしらの覚悟を求めるような気がする。それが、市場自体のスピード感からくるものなのか、大股で歩いている引き締まった体つきと厳しい顔つきの男たちからくるものなのか、それとも世界中のトップシェフたちですらリスペクトする歴史の重みなのか。

おそらくそのすべてを感じさせる「築地」が、多くの人を魅了させたのだろう。

Medium a8932ccc92512be1da0d24ffd6c4767e398f7612

見開きごとにリアルな日常シーンが切り取られていて、築地に想いを馳せながらも、いろいろな雑学を学ぶことができる。

Medium 795c74a570988d00b9645e459ecb349d22225408Medium 598fb8266e94b3307748e0affbcd3e1d28046506Medium 130976761f1a12abcdcb46d30a318efc6396cf51

読めばきっと
おいしい魚が食べたくなる

緻密な取材をもとに描かれたわかりやすいイラストたちは、まさに「大人のための絵本」と言えるかもしれない。

当然、私たちがおいしい魚を口にするまでには、想像をはるかに超える舞台裏があるもの。「築地」は、ただの大きい市場という枠組みにハマりきらず、ひとつの文化であり、現象であり、エンターテイメントであり、江戸時代から続く日常の風景でもある。

そんなことを思いながら、ふと「おいしい魚」が食べたくなる。そんな1冊だ。

「旨い魚を食べる」。その一点に人生を懸けている職人たちがどれだけいるのか。どれだけの情熱が注がれているのか。そんな思いが伝わってくる映画があります。なぜ築...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
このユニークな形状の魚は、深海に棲息するサメの一種なのだそうだ。深海の異界感はハンパない。通常の光が届く場所では、太陽光を利用して植物が有機物を生成し、動...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
ユーラシアからアメリカ大陸、オーストラリア、アフリカと全世界を駆け抜け、いまだ見ぬ怪魚を狙う。大学卒業後勤めた会社を2年半で退社し、インドで怪魚を釣る喜び...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
魚のいない水族館たくさんの海の生き物がキラキラ泳ぐ水族館。だがその水槽はリアルだろうか?ブラジル・サンパウロから1時間半、ここグアルジャ(Guaruja)...
デザイナーのJeabyun Yeon氏が、水中から酸素を得て呼吸できる「シュノーケルマスク」を考案、プロトタイプを創りだしたと話題になっています。映画『0...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?そんな中...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
人間の手首や手足の指が、魚のヒレの柔らかい骨から進化したものという証拠を米シカゴ大学の研究チームが発表した。数百万年前の哺乳類の進化の歴史が、遺伝子組換え...
 本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に...