世界初。レコードが宙に浮いて回るフローティングターンテーブル

近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。

レトロなイメージのあるアナログレコードですが、流行の最先端でもあるからには、最新の機器で聞きたいもの。そこでいうと、この度開発されたレコードプレイヤー「MAG-LEV Audio」は未来感たっぷり。

だって、ターンテーブルが宙に浮いているんですから!

最新テクノロジーで
空中スピン

E1f83c26184b4c036975a9cf3b0014d05f62085b

完全に宙に浮いたターンテーブルが、LEDの光の上で回転する様は、まるでSF映画のよう。この未来な外見を作り出すために、非常に高度な技術が投入されているんです。

レコードは、表面の微妙な凹凸を針で読み取る仕組み。そのため浮いているターンテーブルがほんの少しでも上下に揺れたり回転軸がブレたりしたら、音楽が再生されないどころか、大切なレコードを傷つけて再起不能にしてしまいます。

そのため磁力で浮かせるだけでなく、センサーで状態の変化を読み取ることで、安定した回転を実現しているそうです。

いざというときも
落ちません

D2707e44cd92418dde5b3f41d776b2987523d0c3

「ひょっとして、突然停電したらガシャーン!とターンテーブルが落下してしまうのでは?」そう思った人もいるかもしれません。

しかしこの「MAG-LEV Audio」は、そんな事態も想定済み。突然電源が失われた場合でも、通常の電源オフと同じように、レコードを傷つけずターンテーブルを着地できるように予備電源を内蔵しているんです。

レコードはもう手に入らないレアなものがほとんど。大事なコレクションのこともちゃんと考えてくれています。

ミニマルな美しいデザイン

9be3153c36d84cf60529eb969ff931cdacfaffdd

デザインもなかなかクール。レトロなレコードプレイヤーの良さを引き出しながら、ミニマルでフューチャリスティックにまとめられています。

カラーはストイックな「ブラック」、ヴィンテージっぽい「ウッド」、SF感あふれる「ホワイト」の3色から選べます。デザインがシンプルなだけに、カラーリングで大きく印象が違うので、好みやインテリアに合わせて選べるのは大きなポイントです。

Aa60114f9afe56905c5d6b02922fbdbf78657d4aDb271841420ecc5a309d2d77997811acbe99434eDbe08cafa4f2e7299330f2dc19c82414390ecbf5

大きなジャケットから慎重に取り出して、ターンテーブルの上に置く。針を落とした瞬間に流れる、独特のノイズの中から立ち現れる音楽…。そんなアナログレコードならではのリッチな体験を、何倍にもしてくれます。

値段は、780ドル(約8万円)から。順調にいけば、2017年の8月には出荷されるそう。KICKSTARTERでまだまだ支援を募集中なので、レコードファンは要チェック。

Licensed material used with permission by MAG-LEV Audio Team
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
「Uターン就職」。実家を飛び出し、首都圏の大学に進学。その後また故郷に戻って職を得る。そういう選択肢も増えています。でも故郷に帰るなら、いっそもう一度実家...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべ...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
のんびりお酒を飲めるバルコニーを持つことが、ひとつの夢。でもテーブルとチェアを置くだけのスペースを確保するのは、なかなか難しい。そんな人にピッタリな「バル...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...