宇宙から、地球外文明の存在を期待させる「強い信号」が検知されていた!

地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙から「強い信号」が検知されたことを紹介。

もしかしたら、地球外の文明が存在するかもしれないーーなんて言われていますが、そんなことってありえるのでしょうか?

宇宙人からのメッセージ!

Medium d24d1ff13974b7ec6d4185d321a2ceb5d63feed9

2015年5月15日、イタリア・トリノ大学の天文学者チームは、ロシアにある電波望遠鏡RATAN-600によって、恒星「HD 164595」の方角から強い信号を検知しました。

地球から95光年離れた恒星系には、「HD 164595 b」という海王星ほどの大きさの惑星が存在していることがわかっています。

The Guardian」によれば、一年以上経って結果が発表されることになった理由は、過去のデータを遡って確認していたことから。さらなる議論は、2016年9月27日にメキシコで開催される第67回国際宇宙会議(IAC)で、「地球外知的生命体探査(SETI)」の会議の一環として行われます。

ギルスター氏は調査する価値が十分にある興味深い現象だとしていますが、本人も書いている通り、そう主張している科学者はいまのところ存在していない模様。しかし、万が一を考えると、いろいろな想像が膨らむのは事実です。

文明があるとすれば、
地球よりも高度。

Medium de55ae507feda19872a4ce08e611faba768942f8

天文学者たちは、信号の強さを「カルダシェフの定義」によって分類。これは、宇宙で文明レベルを計る基準として提唱されたもの。

現在の地球は、惑星規模のエネルギーを使いこなす「タイプⅠ」にも及びませんが、今回の信号はその効果をある程度集中させる指向性の信号だった場合「タイプⅠ」、無指向性だった場合、恒星規模(太陽と同じレベル)のエネルギーを使いこなすほど高度な文明が存在していることを意味します。

地球からの信号を、
誤認識している可能性が高い!

単なるノイズだという声や、地球から発信されたものではないかという見方が多いのはもちろんのこと。

カリフォルニア大学バークレー校の天文学者エリック・コーペラ氏は、「自然発生した一過性の現象と見分けがつかない」との見解を「SETI at HOME」のメッセージボードに投稿。

8月30日には、ロシア科学アカデミーの特別天体物理観測所(SAO RAS)が、「地上から発せられた信号である可能性が最も高い」とのリリースを発表しました。

95光年先の惑星に、
伝えたいことって?

Medium d08fd77feeacb2eb827598ac59cfaebbcf1baecc

誤検知がよくあるとは知られているものの、知的生命体が何か信号を送ってきたと想像を巡らせると夢がある話。95光年先にある地球に伝えたいことがあったとしたら、一体どんな内容なのでしょうか。

RATAN-600のリサーチャー達は「HD164595」の常時監視を始めるよう、月末に開催されるSETIの会議で呼びかける予定です。

近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
科学が発達した現代においても、あたかも解明できない超常現象のように語られる「宇宙人存在説」。いないと、よほど困る理由でもあるの?このモヤモヤに挑む「Spi...
この宇宙には、いったいどれだけの銀河が存在しているのか。その答えを解明すべく、銀河の“国勢調査”ならぬ大規模な調査研究が定期的に行われているようです。その...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
ライターのレベッカ・エンディコットが紹介した、マヤ文明ハアブ暦(20日×18ヵ月+5日間)を参考にした占いが話題です!自分がどの期間に当てはまるのか、さっ...
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
日本でも七夕の物語が言い伝えられている、天の川。その幻想的な銀河の集まりは、一体宇宙のどこに位置するのか。その謎を解き明かすため、ハワイ大学の研究グループ...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...