うつ病ライターの決意。理想の自分に変わるための「8つのミッション」

SNSの普及が一概に「良い」と言えないのは誰もが感じているでしょう。いくつもの予期せぬ弊害をもたらしていますが、そのひとつにうつ病患者が自分と他人を比較する機会が増え、彼らが自信を持ちづらくなっていることが挙げられます。

Elite Daily」のライターZara Barrieもそのうちのひとり。でも、彼女は「いつまでも落ち込んではいられない!」と強く決心し、これから実現させたい8つの目標をリストアップ。ここでは、その具体的な内容を紹介します。「自分も近い状態かもしれない」という人には参考になるでしょうし、そうじゃない人には「うつ」という病について知る、いいきっかけになるでしょう。

01.
お酒やドラッグじゃなくて
ヨガや瞑想で不安を取り除く

Medium d8037e11f975ee74fbd6a62235b86a0543c2afd7

私が初めて不安を抑えきれずに発作を起こしたのは、16歳のとき。年上の怪しい男の子たちとコカインを吸ったのが原因よ。

今、私は29歳。ドラッグは一切やらなくなったけど、うつや不安をかき消すためにお酒を飲むことはある。でも本当はヘルシーな方法でネガティブな気持ちから立ち直りたいの。

これまでヨガや瞑想をする女子のことをバカにしていたんだけど、それがもたらす効果を最近知ったわ。私がやろうとしなかったのは、自分のうつが改善されるのが怖かったのかもしれない。とにかく今は、もっと自然に自分の感情をコントロールする方法を手に入れたいわ。

02.
 精神薬を持たずに外に出る

私はいつもシャネルのバッグに精神薬を常備しているの。飲むことはほとんどないんだけど、持ち歩いていると安心するの。「いらないでしょ」って毎朝自分に言い聞かせてるんだけど、最悪な状況を想定すると、結局薬なしでは外出できない。

でも、そんな不安に負けてばかりじゃいられない。強くならないと、ね。

03.
新しい感情を
怖がらない

たぶん、まだ体験したことがない感情はたくさんある。今までは怖くて逃げてきたけど、それじゃ何も始まらないって気付いた。

04.
オーガズムで快感を味わう

Medium aebf5a8201c06fa8cb7521a1d0258e4c7732a6f6

どんなお酒やドラッグよりも、私を気持ちよくしてくれるのはオーガズムを感じること。自分でも誰かにやってもらっても構わない。足の感覚がなくなるくらい、もうこのまま死んでもいい!って思うくらい最高の絶頂を味わうの。

05.
過去を振り返らない。
前進あるのみ

過去の恋愛に縛られるのはもうイヤ。誰かに傷つけられたからといって、その傷跡を広げているのは他でもない、自分だってことに気づいたの。素敵な女性になるためには、前進あるのみ。

06.
声がどんなに震えても、
自分の意見を伝える

幼少期から「荒波を立てないこと」があたかも正義であるかのように教えられてきたけど、私にだって意見がある。不公平なことが目の前で起きているのに傍観者でいるなんて、もう勘弁。首を突っ込んでなんぼ、よ。

07.
SNSでも欠点を
さらけ出す

Medium 5626b20b5e090c7d15d5c2014e097b8c8cef8b23

Instagramで投稿する自分と、現実の自分に差をつけたくないの。SNSでも現実でも、素の自分をさらけ出していきたい。誰かと真の関係を気付くために自分の欠点をさらけ出さなきゃいけないなら、喜んでそうするわ。

08.
同じ問題を持つ人から
頼られる存在になる

猫をかぶっているように聞こえるかもしれないけど、自分を愛せずにいる人、トラウマを抱えている人にとって頼れる存在になりたい。私は自分が情けなくて、悩みを周りに打ち明けられなかったけど、もし必要としてくれる人がいるなら、その人の側にいてあげたい。

たとえ親しい間柄じゃなくても、受け止め、支えてくれる人は誰にでも必要だから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...