オランダ発スーツにシワができないバッグ。開発の裏に「巻き寿司」アリ

所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をスマートに持ち運ぶためのガーメントバッグは、じつに効率的。とにかくシワは厳禁。それでいて、デザインもしっかり主張する。

折り目をつけずに賢く運ぶ
筒型ガーメントバッグ

Medium a6624a4fefc9f8400bcf5cddb732586eb21716b0

衣類をコンパクトに、シワをつけずに持ち運ぶ。そのためには、①折り目をつけないこと、そして②圧力をかけないことが重要

いわゆる二つ折りタイプのバッグでは、どんなにデリケートに扱ってもスーツの腕周りやウエスト部にシワがよることがありました。

あのシワをどうしたらなくすことができるか?オランで開発されたヨガマット風なこのバッグは、クルクルと紙を巻き込むように衣類も巻いて丸めてしまおう。そんな発想から誕生したガーメントバッグらしいのです。

丸めて持ち運んでも
シワにならない

33d36b9ebd398012b814b757712e69e5a8aec698Medium 88397e3f95fcc82ea8573cf3a2268a5229d5defa

広げたROLLORの内部にスーツやドレスを、ふわっとやさしくたたんで入れるだけ。

96455de683ac41a270532a485055b186c4a65a24

あとは、クルクルっとスーツごとROLLORを巻いていくだけ。いくらなんでもシワになる…はずが、ならないのがこのバッグ。

ヒントは「巻き寿司」から
隆起した縁に秘密アリ

Medium 808920259c081d9160d7437698df7b9a89c097c2

シワをつくらないポイントは、独自開発した立体的な外側のプロテクトリム(外側縁)。この隆起したリムのおかげで衣類に圧力がかからないわずかな空間が生まれ、大胆にくるくる巻いてもシワができないという画期的な構造なのです。

カラクリを知ればなんて事ないように思えても、ここに着目できるかが発明のキモ。テクノロジーの開発者Teun van der Laan氏は、大学時代このアイデアをオランダの寿司レストランで閃いたそう。

なんでも、目の前で手際よく海苔に巻かれていく「巻き寿司」のプロセスが、美しくロジカルに思えたんだとか。「スーツをロールアップする」という全く新しい概念のガーメントバッグ誕生の裏に巻き寿司アリ。急に親近感が湧いてくる秘話ではないか。

スーツは「丸めて運ぶ」時代へ

Medium 6f146aa4d0f1dee08e3937bdac28fe0cfcb24cd3

付属のストラップをひっかければ出張時、旅行時も手軽に持ち運びができます。サイズも手頃で機内持ち込みもOK(一部サイズオーバーのものも)。しかも驚くことにROLLOR自体の重さは、わずか900グラム。つまりは、ちょっと厚手の冬用スーツよりも軽い!という点もGOOD。

Medium 465b0268e42a1a94d2091aef7e8c07885f0af18e

現在、世界25カ国で展開中のROLLOR、これ日本でも10月末より販売開始されるそうですよ。生地やサイズの異なる3種が登場予定。価格は12,800円(税抜き)から、ガーメントバッグとしても相場でしょう。

通り一遍な二つ折りのものよりも、こういう遊びごころあるアイテムを日本のビジネスマンにも持って欲しい。そこで、あえてこう言わせてください。「日本のビジネスマンよ、スーツは丸めて運ぼう!」。詳細はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by ROLLOR
最近、クラウドファンディングで資金を募っているアイテムがおもしろいです。斬新なアイデアを形にしたモノや、海外で人気を博している(けれど、まだ日本に入ってき...
あと10分だけムニャムニャ…。そうやって毎朝のように眠気と戦っている、そこのアナタ。この特製「布団型スーツ」なら、着替える時間が必要ないだけでなく、職場で...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
米・オハイオ州に住むオリヴィア・ケスラーさんは、出産を間近に控えてきました。ただ、このお話の主人公はオリヴィアさんの弟であり、赤ちゃんにとっては叔父にあた...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
近頃、にゃんこも興味津々の「鯉のお寿司」が話題沸騰中。可愛い見た目はもちろん、自宅で簡単に作れることも人気を博している理由でしょう。作り方を教えてくれたの...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
観光名所を訪れたり、その土地でしか味わえないグルメを堪能する──。旅行の楽しみは様々ですが、「ショッピング」も間違いなくそのうちの一つ。でも、調子に乗って...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
マジメくんにはなりたくないけど、最低限スタイルはキープしておきたいよね。っていうので作られたのがこちらのスーツだそう。コストパフォーマンスと華やかさがイン...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...