愛犬ハンナの安楽死を決断した家族「最期の一日」の記録に涙が止まらない

主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の選択を迫られる瞬間があるはずです。愛するペットとの向き合い方を、いま一度考えるきっかけになりますように。

00c073226e248cfde7baa9a28d3da5758827dfd4

赤いバンダナを巻いて写真に写る老犬ハンナは、ここ数ヶ月ほど突然の発作を起こし、症状は次第に悪化していきました。発作の原因は腎臓の病気やひざ、腰痛のために服用していた薬。

この薬を飲まなければ発作は治まる。けれど、薬を飲まないと激痛のため歩くことも、階段を登ることもままならない。次第に衰弱していく彼女を日々励まし続けた飼い主も「これ以上打つ手なし」、と頭を抱えていたそうです。

このままハンナへの投薬を続けることは飼い主の自分勝手、けれど薬を止めることは残酷すぎて耐えられない…。こうして、悩み抜いた家族は苦渋の選択を決断しました。

これでハンナは発作からも、痛みからも、夜泣きからも解放されるでしょう。あとは穏やかで愛に溢れた未来が彼女とともにあるように」。

以下は、飼い主の女性がハンナとの最期の一日をSnapchatで綴ったもの。

愛犬ハンナ最期の一日

B8a93c87e5e35524a8eb974a5a26af6bb77ac1a4

ハンナがそのことを自分で理解しているのかどうか分からない。

D8d434223cc59d0300eed78e9676e43cee4ce86e

けれど、いつも彼女は私たちの選択を信じてくれた。たとえそれが、どんなにつらく厳しい決断だったとしても。

5ee654b33e9d2f5df4ddef293a2c011033e4f940

だって、もう疲れちゃったんだよね。

4736882d4f185aa1dcd73d29ab5cb493852df30b

階段を登ることもできないし、坂道はきっと山登りのように感じるんだろうな。もうこれ以上薬は効かないの。

0bbce7c73307ba8d7ac2426621cb0a0e82e46f87

苦渋の選択だった。だけど、やっぱり私たちにしか決断できないこと。

27f5add63819a815a5e194ab99fad0eaa38f0595

せめて、最期の一日だけは、最高の思い出をひとつでも多く残そう。

04e5a2247f062e9c8c13247781892897657f7bd6

アロマセラピーは、とってもアナタをリラックスさせることができた。匂いもグンと良くなったよ。

8f19aa9a90788912275d517ca427a50272c2f555

♡のカラーもチャーミングだったよ。

28a895c3595dff0896fca7dbc2046e9939f120f5

新しいバンダナとってもよく似合ってた。

7f7aa98e7d9d4d132453c2cdbd5a56d3738977d1

“最後の晩餐”は大好物のマクドナルド。

B79e6063fa8e2b22fa3dd5f72ed4f54b291845f5

食べっぷりはいつもと何も変わらなかったよ。本当に好きだったんだね。

7b9d202b67ca148fa7eeceff4413acbf7d506c3f

お年寄り仲間と、これが最後のじゃれあいっこ。

40227eb8da40340e950afbee5a279821ebb1b185

でも…、つくり笑いすらできなかった。本当に大好きだったから。

664356e99cac191c74268d3fafa39cabbd478000

家族ひとり一人、最後のお別れ。

Eabaa836bd08fb26015e0c97fc249a88d03d674d

穏やかに過ごす、家での最後の時間。いつもの場所で。

1a14feaef4478424d00dbe5c8596a4f4d5b0860f

きれいに爪のお手入れ。ネイルも塗ってあげたよね。

E9143118bd18496cf0e93cc2616b677ed251a111

ハンナは私のすべてだった。

A428f5509e0c7f7fee6e52577c88c8128800da36

そして…ママのひざで抱かれながら向かった動物病院。

6c152515a0aa436cf1362e72ff863c8fc27c77ba

今まで本当にありがとう、ハンナ──。

こうしてハンナを看取った女性は、ともに過ごした最期の一日の記録(Snapchat)をImgurに投稿しました。この家族が下した決断が、「尊いものである」とか「誤った判断だ」と、ここで問うことは違う気がします。もしかしたら、数年前の我が家の決断を、否定したくない想いがあるのかもしれません。

犬とはなんと多くの喜びを人間に与えてくれるのでしょう。でも、きっと同じだけ彼らも私たちから多くの愛情を感じてくれている。だからこそ、私たちは彼らを「家族」と呼ぶんでしょうね。

Licensed material used with permission by ExtremeVaginalSprayer
家族の一員でもある、大切なペット。しかしどんなに愛していても、人間とは違う時を生きている彼らとは、いずれお別れのときが来てしまうものです。Mark Woo...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
ここに紹介するかわいいワンちゃんたち。花のオーナメントを頭に乗せて、どの子も愛嬌たっぷり。でも彼ら、ピットブル(Pit Bull)と呼ばれるアメリカで闘犬...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ラブラドール・レトリバーは、数多い犬種の中でも知能が高い犬。人間が思っている以上に表情や言葉から状況を理解し、心にそっと寄りそってくれます。アメリカ・アイ...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
嬉しい時も、悲しい時も、いつも側にいてくれる。そんな愛犬のキュートな姿には、多くの人が救われているはずです。でも、犬は決して可愛いだけではありません。Je...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
ワニ。それは水辺の王者。地球上に登場してから現代に至るまで、およそ2億年前にもわたって水辺の生態系の頂点に君臨し続けている、恐るべきハンターです。噛む力は...
一連の写真は『The Beauty of Blind Cat』と題名のついた写真集から抜粋したものです。登場するネコたちは、片目をなかには両目の視力を、あ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...