【アーユルヴェーダ式】女性特有の悩みには、こんなデトックスごはんを。

肌に透明感がない、小顔になりたい、など美容に関するものや、妊娠したいといった女性特有の悩み…その多くがカラダに蓄積している「毒素」が影響していると語るのは、日本におけるアーユルヴェーダの第一人者、蓮村誠さん。

その著書『毒出しごはん』によれば、アーユルヴェーダの知識に基づいた食事法は「毒素」をカラダから排出する効果が期待できると言います。毒出しして、あなた本来の美しさを取り戻しましょう。

01.
PMS・生理痛
→ホットミルク+ひまし油

2082098293814a6f931cf65c50fd33db5629386f

PMS(月経前症候群または月経前緊張症)は、排卵後から生理開始までの1〜2週間にわたって起こるもの。症状は人それぞれですが、いずれにしても根本にあるのはヴァータ(※2)の乱れ。生理前1週間からは、昼食や夕食のあとに軽く散歩をしたり、早く就寝するなどの規則正しい生活をし、リラックスして食事をとることに注力してみてください。

ながら食べや早食い、過食などはPMSだけでなく生理痛の原因にもなります。ヴァータを乱す食品は避け、ギー(※6)などの油を適度に使った新鮮な野菜を煮込んだスープなど、温かくしっとりしたものを意識的に摂りましょう。また、生理の1〜2日前から生理開始まで、1/2カップのホットミルクに1〜2杯のひまし油を溶かしたものを入浴後や就寝前に飲むと、生理痛が緩和されます。

【オススメのごはん】
ギーの油を適度に使った新鮮な野菜を煮込んだスープ、白湯、ホットミルク、生のハチミツ

【NGごはん】
乾きもの、冷たい食事

02.
子宮筋腫
→朝と食事中に白湯を

筋腫は、筋肉組織が良性増殖してしまった状態です。筋腫の予防、もしくはできてしまってからの対処としては、筋肉組織が増殖せず、正常につくられるような食事をすることが大切です。

大前提としては、消化力を整えること。起床時と食事中には白湯を飲むことをおすすめします。筋肉組織を過度に増殖させてしまう食品は避けるようにしましょう。

【オススメのごはん】
起床時と食事中の白湯

【NGごはん】
砂糖、バナナ、ココナッツ、マンゴー、長期熟成や発酵したチーズ、牛肉、豚肉、魚

03.
肌に透明感がない
→ひまわり油+温かい食事

2654fb4f815c14453f641cc450c2e7b89c5920a4

肌の透明感は、地の肌色が白いだけではダメなのです。まず、くすみやクマ、シミなどがないこと。これは不摂生によるヴァータ(※2)の乱れが原因なので、ギー(※6)やひまわり油などを適度に含んだ、温かい食事をできたての状態で食べるようにしてください。ただし、酸化した油は肌サビの原因になるので、鮮度に注意しましょう。

そして、透き通るような程よいツヤの薄い肌は、ピッタ(※3)のバランスで決まるので、消化力を鍛える食事でヴァータとピッタを整えましょう。白湯を飲む習慣をつけるとより効果的です。

【オススメのごはん】
ギーやひまわり油などを適度に含んだ温かい料理、白湯

【NGごはん】
酸化した油

04.
小顔になりたい
→消化力そのものを鍛える

持って生まれた骨格を変えることは難しいですが、余計な脂肪やむくみをとれば顔がすっきりします。これらの余計なものとは「毒素」のこと。「毒素」を取り除くために、日々の食事は消化が良く滋養になるものを食べましょう。

【NGごはん】
牛肉、豚肉、魚類、きのこ類、生のねぎ類、生もの、冷たいもの、前日の残りもの、缶詰などの保存食品、ピーナッツ、チョコレート、アルコール

【こころがけたいこと】
・起床時と毎食時に白湯を飲む
・冷たい飲みもの(要冷蔵のもの、氷の入ったもの)は飲まない
・食事は満腹の3/4程度
・21時以降は食べないようにする
・食事は甘いもの、苦いもの、渋いものの順に食べる
・空腹を感じていないときの食事は避ける
・ひと口に一品ずつ、ゆっくりと食べる

05.
妊娠したい
→新鮮な野菜スープ、サフラン

9b95e5dd231b8d6bc235bd9fe7132cc2db204019

はっきりとした理由がわからないのに子どもができない場合、生殖器官がやや弱っていることが考えられます。消化力が弱く、食べ物がうまく代謝されないと生殖器官まで栄養素が行き届きません。多くの場合の原因は、ヴァータ(※2)の乱れによる冷え。カラダの冷えはもちろん、ストレスが大きい状態だと心も冷えてしまうのです。

白湯を飲んだり、食事にしょうがを使うと、カラダが温まり消化を助ける効果があります。ギー(※6)を使った新鮮な野菜スープは生殖器官を元気にしてくれます。スパイスでおすすめなのは、サフランです。少し高価ですが、婦人科系にはとても効果的なので、ぜひギーと一緒にスープに入れてみてください。

【オススメのごはん】
ホットミルク、新鮮な乳製品、新鮮な生クリーム、イエロームング豆、完熟マンゴー、バナナ、りんご、イチジク、全粒小麦粉、古米、くるみ、ピスタチオ、白湯、ギーを使った新鮮な野菜スープ、サフラン

※1 ドーシャ:人の体質や性格を決める3つのエネルギー(ヴァータ、ピッタ、カパ)
※2 ヴァータ:落ち着きがなく冷えやすい人はこのエネルギーが強い
※3 ピッタ:短期で炎症を起こしやすい人はこのエネルギーが強い
※4 カパ:内向的でむくみやすい人はこのエネルギーが強い
※5 オージャス:生き生きとした生命エネルギー
※6 ギー:無塩バターを精製して、たんぱく質と水分を取り除いた純粋な油

皮膚のトラブルや体臭・多汗症、さらには静電気の起きやすい人など、これらの体質に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだそう。...
どれだけ眠っても眠い、肩がこる、タバコをやめたい…。生活習慣に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだと言われています。そこ...
集中力が続かない、あがり症、などのメンタルに関する悩みを持つ人は多いはずです。意外なことに、部屋を片付けられない原因もカラダに蓄積している「毒素」によるも...
風邪、喘息、口内炎…多くの病気の原因は、カラダに蓄積している「毒素」が大きく影響していると言われています。その「毒素」をカラダから排出して体調を整えるため...
毎回挑戦しては、途中で気分が悪くなって挫折してしまうーー。そんな相談を、医学博士のマーク・ハイマンは毎日のように受けているそう。しかし、体が毒素を吐き出そ...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
「Collective-Evolution」に掲載されていたデトックスフードの記事が話題です。飲み過ぎな人だけでなく、体内に毒素が溜まっている気がする…な...
「Elite Daily」ライターAshley Fern氏は、友人と一緒にジュースクレンズでのダイエットに挑み、その結果を記事にしました。食事をジュースに...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「毎日できるデトックス法」を紹介するMeghan Telpner氏の記事が興味深い点。それは、栄養士という立場でありながら、いわゆるジュースやスープによる...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
さつまいもがおいしい季節になりました。定番の食べかただけでなく、せっかくならこんなアレンジはいかがでしょう。ポテトスキンをさつまいもで代用する「スイートポ...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
大手出版社を30歳で退社し独立してから、組織に属さないフリーランスとして、独自のライフスタイル&ワークスタイルを確立している安藤美冬さん。独立してすぐは全...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
忙しく生きる現代人は、毎日の食事もつい「早食い」になってしまいがち。しかし、早食いは肥満の原因となり、健康にも悪影響……。健康診断などでメタボを指摘され、...