ラグビー選手がSNSに自殺防止のOKサインを投稿。「話していいんだよ」と男性に向けてメッセージ。

「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。

アイルランドのラグビーチーム「Halifax RLFC」で活躍するルーク・アンブラー選手は、ハッシュタグ「#itsoktotalk(話していいんだよ)」とともに、OKサインをSNSに投稿した。きっかけは、4月に弟が自殺したこと。何の前触れもなくこの世を去ってしまった。

家族思いの明るい弟だった。

Medium 5c5da38a8fc6a9d5f7d5d2e4c836a7c06cb8c5b9

弟についてはこう説明している。週末に友だちとフットボールの試合をするのが楽しみで、家族や娘を愛するマジメで礼儀正しい人物だったという。急な出来事だったため理由はわからない。

自殺する男性は、
女性の3倍以上にも及ぶ。

彼は、幾つかの統計を参考にして、男性の自殺率が高いことを示している。

アメリカ自殺防止財団(AFSP)」は、米国内の男性の自殺件数が女性の3.5倍あると発表している。「イギリス国民統計局(Office for National Statistics)」によれば、英国内で自殺する男性の数も女性の3倍以上だ。オーストラリアにおいても同様であることが「Living is for Everyone」を見るとわかる。この傾向は、程度の差こそあれ多くの国で見られる。日本も例外ではない。

アンブラーさんはFacebookで「#ANDYSMANCLUB」というグループを作った。男性が悩みを気軽に打ち明けられるようにとつくられた場所だ。伝えたいメッセージとして発信されたのが、OKサインとハッシュタグ「#itsoktotalk(話していいんだよ)」だった。多くの人が拡散に協力している。

自殺防止のために、
相談できる環境を。

12 Aussie boys commit suicide each day... WTF!!!!! #itsoktotalk - please talk fella's.

James Stewartさん(@__jamesstewart__)が投稿した写真 -

こうでなければいけないという思いは、強さと同時に追い詰められることにも繋がる。家族を養う大黒柱であったり、責任のある仕事があったり。男として弱音なんて吐けないというプレッシャーを感じていた可能性だってある。

真相はわからないけれど、少なくとも相談できる場所があれば違っていたのではないか、と考えての行動だ。ラグビー選手という男らしさを象徴する世界の人物が発信することにも意味があるのかもしれない。「The Telegraph」へこうコメントしている。

「誰だって両親や家族を困らせたくなんてありません。負担に思われたくないのです。妻や友だちに弱い奴だなんて思われたくない。私たちは、タフで、探求者であり、大きくて強くならなければいけない。

相談相手も冗談で返したくなるでしょう。男らしい反応を見せなければ、弱さを見せれば一斉に攻撃されてしまうかもしれません。

体重の相談をした人間を笑い飛ばせば、その場は楽しいかもしれません。しかし、それが相手を深く傷つけていることがあります。

問題を抱えていなくても、ちょっとでも気分が落ち込んだ時はどう感じているかを誰かに相談してください。手遅れになる前に。話していいんです。誰にだってみんな悩みがあります。前向きになれる方法を探しましょう」。

Licensed material used with permission by #ANDYSMANCLUB
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...