大人の女性へ。みずみずしくフレッシュな肌印象を生み出す秘訣

30代。まだまだ楽しく過ごしていたい、という気持ちとは裏腹に、世間的にはいよいよ「成熟した大人の女性」。いつのまにか仕事では後輩を指導しなくてはならない立場になっているし、実家方面からはいろんな「プレッシャー」をかけられたりと、公私ともにストレスを抱える場面が増えたと感じる人も多いのでは?

ストレスのせいかお肌の調子もイマイチで、実はそれが一番の悩みだったりするのに、自嘲気味に「もう若くないしね…」なんて呟いている人へ。

確かに肌は加齢の影響を顕著に受けるパーツ。しかし、そこには意外な機能が備わっていたんです。それを正しく知ることで、お肌の印象をキレイに保つことができるかもしれませんよ。

実は誰もが肌の中でヒアルロン酸や
コラーゲンを生み出している!

Medium bbc55e723ae8437bee9e6450e28aba9184d5642f

うるおいやハリ。お肌のコンディションを保つのに、皆さんが使っている化粧品には、何が含まれていると思いますか?

真っ先に「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」あたりを思い浮かべた人へ。この化粧品にとって定番の成分、実は外側から塗りこまなくても皆さんの肌の中で生み出され続けているって知っていましたか?「知らなかった…!」という人にとってコレは嬉しい大ニュース。

ところが、肌の中で生まれたヒアルロン酸やコラーゲンは、時間が経つと次々に劣化してしまいます。

Medium 61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

劣化物をリサイクル
「自浄サイクル機能」

Medium ac5eb48b136d9bbf9c58917336608a6c0ff2aea6

肌の機能の本当のすごさは、こうして劣化したヒアルロン酸やコラーゲンを取り込んで分解し、再生し続けるリサイクルを行っているということ。それが肌の「自浄サイクル機能」です。特にヒアルロン酸は、1日でその半分が入れ替わるほどのスピードでリフレッシュされているのだとか。

自浄サイクルは誰の肌にも備わっている機能で、このサイクルが正常に働くことで肌はみずみずしいハリを保っています。肌の調子が悪いなあと感じたら、それはこの機能が低下しているサインかも。

Medium 6e66b68a2e8c99e1890895b12ceb5ca43a39555c

30代から肌印象の変化が気になるのは
自浄サイクルが鈍るから?

Medium 39d5955d8c8d72c311c3987bbd69ce5f7ee9220a

肌感触の変化が気になり始めるのが「お肌の曲がり角」とも言われる30代。そこで、この世代のお悩みの原因を突き止めるためにコスメティックブランドのポーラが立ち上がり、世界で初めて自浄サイクルを停滞させる要因を解明しました。

ポーラが行った実験によると、自浄サイクル機能を低下させている原因はやっぱり加齢や酸化ストレス。自浄サイクルの働きが弱くなると、劣化物が分解されずに肌内に溜まってしまい、新しいヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す力も低下します。30代になって肌の感触がよくないと感じる人は、酸化ストレスを防ぐために食生活を見直したり、規則正しい生活を…

「それができたら苦労しないし!」って思った人、いますよね?だからこそ、日々のお手入れを見直してみることがすごく大切。

Medium 348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

ハリ感のある、みずみずしい
フレッシュな肌印象を目指す
「B.A セラム レブアップ」

Medium 86c37307ee3e9ee961ec36e4267587f8488b49b4

ポーラが開発した「B.A セラム レブアップ」は、ハリ感のある、みずみずしいフレッシュな肌印象を目指す新感触美容液。お悩み世代の肌の、健やかな状態をサポートします。

さらにポーラ最先端の処方化技術が、濃密な感触と肌への浸透感を両立。手に取ったときはぷっくり濃密なのに、肌に伸ばすとスッと広がり、みずみずしいハリ感を与え、保湿してくれます。

斬新なボトルのデザインは、「芳醇な潤いと満ちるハリ感」を水の波形で表現したもの。化粧品の成分だけではなく、ボトルを見るたび、手に取って使うたびに「美しくなれそう」という気持ちが高まるような感性品質は、「B.A セラム レブアップ」のこだわりです。

お肌をキレイに保てれば歳を取るのだって怖くはないし、むしろ知恵も教養も経済力もある30代からのほうが人生がますます加速していくはず。そう思えてきませんか?

Medium 14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by ポーラ
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
大人になるということは、美容も健康も精神状態も、自分のことは自分で責任をとるということ。心身ともに健康でいるためにも実践してみたいのが「上品な女性が実践し...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
思春期に悩まされてきたニキビ。大人になってやっと落ち着いたと思ったのに、最近また出ている…。もしかしたらそれ、あなたのちょっとした習慣が原因で出ているのか...
スムージーにはじまり、デトックスウォーター、コールドプレスジュース。ヘルシーで健康的な、美容系“黒船ドリンク”がいくつも日本にやって来ました。そしてまた、...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
スーパーフードの「アサイー」を使った、ロースイーツをご紹介します。すでに日本人にもおなじみのこのアサイー。独特の濃い紫色は、ポリフェノールの宝庫だという証...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...