病気のサインかもしれない、7つの「睡眠習慣」

大人は、1日平均7~9時間の睡眠をとったほうがいいと言われていますが、世界の中でも「睡眠時間が短い」と言われる日本人は、きちんと休めていないのではないでしょうか。

眠ることは私たちの活力に関わるのはもちろん、うまく睡眠がとれていない影には、他のもっと重大な病気が隠されている可能性もあるのです。女性ライターのNicole Cannizzaroさんが「Little Things」にまとめていた、睡眠習慣別のサインが参考になるかもしれません。

01.
アラームがなければ
12時間以上寝れる

Medium 7de474524b81d79560779185b79fdff5bd61f908

目覚まし時計をセットしていないときは、12時間以上も寝続けてしまう…。そんなあなたは甲状腺機能の低下や感染症の可能性が考えられますーーなんて書かれています。恐い…。

甲状腺機能低下症は60歳以上の女性に多い病気で、加齢が原因だと見過ごされるケースが多々あります。体重の増加や疲れが表に出ることもあるとか。

02.
寝た時間に関係なく
同じ時間に目が覚めてしまう

これは概日リズム睡眠障がいと呼ばれるもの。これが狂っていると、実際に必要な睡眠に関係なく、目が覚めてしまうことがあるそうです。

Prevention」によると、改善の鍵はメラトニンの分泌量。人工の光は制限するのが吉とも。

03.
起きた直後から
疲れている

この場合、あなたは睡眠時無呼吸症候群や、うつ病の疑いが。 

睡眠時無呼吸症は、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気です。アメリカでは睡眠時無呼吸症候群と診断されたひとは3,000万人にものぼりますが、なかなか自分で気づきにくいため、隠れた患者はまだまだいるのではないかと言われています。

04.
テレビを見ながらじゃないと
寝れない

Medium 45c42ab180c1243bbb870e17605dc12233310313

毎晩、寝るときにテレビを見たくなってしまうのは「ストレス」のサインかもしれません。くつろぎタイムの習慣としてテレビを見る人も多いかもしれませんが、「Prevention」によれば、その間ストレスホルモンが増加する傾向に。

05.
途中で目が覚めたとき
再び寝つけない

レストレスレッグス症候群(RLS)の疑いがあるかもしれないようです。これは、脳内の化学物質に異常がある場合に起こるようですが、まだはっきりとした原因はわかっていません。

睡眠時無呼吸症や脳卒中、心臓発作などと関連していることも。

06.
気づいたら
トイレや冷蔵庫の前にいる

Medium 1fa0531e015bca2b3829931492d81229649ad4aa

夢遊病やレム睡眠行動障がいの可能性があります。これは、レム睡眠のときに、見た夢の通りに行動してしまうこと。

夢の内容によっては近くで寝ている人に危害を加えてしまう恐れもあるため、注意が必要です。

07.
ずっと寝返りを打ったり
動き続けている

甲状腺が過剰に活動している可能性が考えられるそうです。

怖い映画を見た直後や、心配事があるときなど、一時的な理由で寝付ないとき、過度に心配することはありませんが、長く続くようなら要注意。著しい体重の低下など、表立った症状が出る場合もあります。早めに医師に相談したほうがいい状態かもしれません。

Licensed material used with permission by littlethings.com
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...
「睡眠はとても重要ですが、それだけが1日のエネルギーを左右しているわけではありません」。そう警笛を鳴らしたのは、「Elite Daily」のライターLei...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
寝ても寝ても寝足りない。睡眠時間は十分取っているはずなのに、なんだか体がダルくてすぐ眠くなる…。ひょっとしたらそれ、「いびき」が原因かもしれません。そんな...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...