スティック2本で勝負したくなる電子打楽器「BopPad」の魅力。

電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがなく、思う存分叩けそうなところも◎。

それに、小さな打面からは想像できないほど表現の幅が広そうなのです!

これ一台で、攻めたくなる。

動画の冒頭で華麗なスティック捌きを見せるドラマー。その姿に、映画『ドラムライン』のシーンがダブって見えてきちゃいました。

説明文を引用すると、スポーツ競技の合間にある12分間のハーフタイム、全米の大学から選び抜かれたマーチング・バンドが、バンド・バトルの優勝を賭けて究極の妙技を競い合うーー。主人公はスネア・ドラムの奏者です。

字面は地味そうかもしれませんが、喧嘩するがごとく、リズムとパフォーマンスでバトルを繰り広げる様子にゾクゾクする作品。拳を相手にぶつける代わりに、楽器を2本のドラムスティックで叩くわけで、まあしびれる!…とそんな話はさておき。

この楽器の特徴をざっくりまとめます。

小さくてシンプルな、
本体とインターフェース。

2b479aadd84da70f663ca72b246f5d83e09c11e1

直径は10インチ(約25cm)。重さは1ポンド(約454g)以下です。あるのはパッドと外郭だけ。ボタンやツマミ、ディスプレイは一切ありません。

感圧パッドで、
細かなニュアンスを再現。

6119e5b075193073212499d89fdfd2969ddc31a6

手で叩いてもOK。

見た目は区切りなしだけど、
4つの打面
を使い分けられる。

854706d929d6465bc134775f4e159e10261bfcaa

打面の中心部から端にかけても打音が変わり、圧力を加えながら指をスライドさせれば、音色や連打速度に変化をつけられます。

USBでPCに接続し、
音色を管理できる。

F98fec834829c90d9b26c8d733db4f280a1af32b

ソフトウェアのほか、webブラウザからプリセットを編集できるMIDIアプリやオーディオAPIも開発中。ユーザー次第で使える音色の幅は無限に広がりそう。

動画を見ると、変換アダプターがあれば、デバイスからUSB経由で電源を供給できるようなので外でも演奏できます。

ひとつの音色を極める?
複数の音を巧みに操る?

86b98af016eaa8836f27b5cfff1273b6926206c4

ドラムセットに組み込んで表現の幅を広げるも良し、あえてこれ一台の表現力だけでドラミングを追求してもアリ。

パッドで多彩な音を操れる打楽器は他にもありますが、「BodPad」にはこれだけで勝負したくなる不思議な魅力があります。

資金調達中の商品はすでに目標額を達成済み。価格は、日本から事前予約する場合、送料込みで259ドル(約2万6,000円)。配送開始予定は2017年6月。気になった人はKickstarterで詳細をチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by Keith Mcmillen
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。結構いいでしょ?それに、持...
上の写真にうつっているもの、なんだと思います?まるでUFOのような物体ですが、実はこれ、ある男性がひとりでつくった「グーダドラム」という打楽器。伝統的な楽...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニ...
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
ギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!楽器のボディには様々な模様が描かれているシールのようなものが…。でもこれ、実はMIDIコントローラー...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
まずは、目を閉じてこのサウンドを聴いてみてください。映画『スター・ウォーズ』でおなじみの、あのテーマソングを演奏している動画ですが…。終わるまで目を開けず...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...