ある高校の3年生たちが、駐車場を一斉にペイント!彼らが主張したかったことって一体?

フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。

なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3年生が自分の駐車スペースを決めて自由にペイントしてもいいと許されたとか。結果、駐車場の様子は大変身!生徒であるマーサさんのデコレーションは、とくに注目されました。

もしこれを読んでいるなら、
私は遅刻。

「明日朝起きて学校に来るモチベーションを保つ理由はただ一つ。このペイントを隠すこと」。

これは、Drakeのアルバム『If You're Reading This It's Too Late(もしこれを読んでいるなら、もう手遅れ)』のジャケットにインスパイアされたもの。ちゃんと車を停めてペイントを隠せていれば、彼女は遅刻していないということに。

描く内容は自由です。他の生徒も、それぞれ個性が出ました。

「『Find Your Wings』(Tyler The Creators)」

彼女が描いたのは、好きなアーティストのこと。そのほかにも、様々な主張があります。

“Cool Pool”

「まだ完成してないけど、やりきったね!」。

“机の上に立って見るんだ。わたしたちは、常に違う視点から物事を見なければならない(映画『いまを生きろ』)”

「やったことのないことができた完璧じゃなくても良かったし、めちゃくちゃではあるけど私は気に入ってる」。

『TEXAS FOREVER』(映画作品)

これが姪の駐車スペース!

勇気と親切心を持つこと。

それぞれ歌や映画、名言など、影響を受けたものなどからもじって描いているようです。これには親戚家族も興味津々だったみたい。

https://twitter.com/lizabeth_victor/status/767086764485992452?ref_src=twsrc%5Etfw

ところでアメリカの学校では、音楽やアートといった芸術分野の予算が真っ先に削られてしまうなんて話が。そう考えると、低予算でも生徒の創造性を育むためにと考えられた、一つのアイデアだったのかも?創造力をぶつけるにはもってこいの大きなキャンバスです。

生徒たちは、早い者勝ちで場所を決めて一斉にペイント開始。その結果多くの人々から関心を集めました。「A Plus」によると、好きな場所を確保するために10時間以上並んだ生徒もいたんですって。

もしも自分が1年間使うスペースを自由に飾っていいよと言われたら、一体どんなことを描くでしょうか。考えただけでもワクワクしてきますね。

Licensed material used with permission by Martha Caldera, elizabeth victor
渋滞を乗りこえ、やっと目的地に到着!と思ったら、駐車場の空きがない。もう着いてるのにイライラ。実は今、そんな私たちのためにパーキングの全てを引き受けてくれ...
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...
100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもO...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
駐車ラインを一切無視した迷惑駐車が、2台分のスペースを占領していて停められない…。なんて困ったことはありませんか?たとえば、こんな感じに。駐車ラインをはみ...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
知恵と努力を振り絞れば、どんな困難も乗り越えられるのかもしれない。「ViralHog」の動画で紹介されたVinod Kumarさんは、階段下にある物置スペ...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...
・あなたはどこに誰と住んでいるの?・いま一番望んでいることは?・いま一番の心配事は?カメラマンで社会活動家のアメリカ人Judy Gellesさんは、過去8...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
ヘルシーフードとしても注目され、「日本のことはあまり知らないけど、スシは好き」なんていう海外の人もいたり。その土地の人の口に合うように大幅アレンジされたも...