7つの質問でわかる、あなたの「ワーカホリック診断」

長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。

「働き方先進国」
北欧ノルウェー

世界的には、短時間労働で集中して、時間当たりの生産性を上げている方針が主流になりつつあります。中でも北欧の国ノルウェーでは、非常に厳しく残業が規制されており、定時以降に仕事をすることはありえない、と言われるほど。

そんなノルウェーのベルゲン大学で、Cecilie Schou Andreassen博士が2012年に発表した研究は、いわゆるワーカホリックな人を診断する手法の開発でした。

Medium 1277c54276544e6c638ec5b24979e41d630849cb

7項目の診断を
5段階でチェック

Andreassen博士は、ワーカホリックな人には他の依存症と同様の特徴があると考え、以下のような7つのチェックリストを作成しました。自分は大丈夫かどうか、ぜひチェックしてみてください。

(1)全くない
(2)稀にある
(3)ときどきある
(4)よくある
(5)ほとんどいつもそうだ

の5段階で答えてみてくださいね。

・どうやったら仕事をする時間を作れるか常に考えている

・本来やるべきより多く仕事をしている

・罪悪感、不安感、無力感、憂鬱などを払うために仕事をしている

・他の人に仕事を減らすべきだと言われたことがある

・仕事ができない状況になるとストレスを感じる

・趣味やレジャー、運動などを仕事のために犠牲にしている

・健康に悪影響があるほど働いている

この7つの項目のうち、4つ以上が「(4)よくある」または「(5)ほとんどいつもそうだ」だったあなたは、ワーカホリックの可能性があります。

日本の労働環境も
見直しが急務?

Medium cc10dd22f9d7ab9ff555e916a2a9e0d7dd26c101

日本は戦後のサラリーマン文化の影響が強く、まだまだ長時間労働文化が根強く残っています。海外では、日本のサラリーマンはワーカホリックの代名詞とされることも珍しくありません。

情報化によりこれまでと社会の前提が変わってきた以上、グローバルな競争の中で生き残っていくためには、ノルウェーに倣って労働文化もどんどん変えていく必要があるのかもしれません。

「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...