7つの質問でわかる、あなたの「ワーカホリック診断」

長い残業、続く会議、にもかかわらず、低い生産性…。そんな働き方の改革が叫ばれて久しい日本ですが、まだまだ徹底されているとは言い難い状況です。

「働き方先進国」
北欧ノルウェー

世界的には、短時間労働で集中して、時間当たりの生産性を上げている方針が主流になりつつあります。中でも北欧の国ノルウェーでは、非常に厳しく残業が規制されており、定時以降に仕事をすることはありえない、と言われるほど。

そんなノルウェーのベルゲン大学で、Cecilie Schou Andreassen博士が2012年に発表した研究は、いわゆるワーカホリックな人を診断する手法の開発でした。

Medium 1277c54276544e6c638ec5b24979e41d630849cb

7項目の診断を
5段階でチェック

Andreassen博士は、ワーカホリックな人には他の依存症と同様の特徴があると考え、以下のような7つのチェックリストを作成しました。自分は大丈夫かどうか、ぜひチェックしてみてください。

(1)全くない
(2)稀にある
(3)ときどきある
(4)よくある
(5)ほとんどいつもそうだ

の5段階で答えてみてくださいね。

・どうやったら仕事をする時間を作れるか常に考えている

・本来やるべきより多く仕事をしている

・罪悪感、不安感、無力感、憂鬱などを払うために仕事をしている

・他の人に仕事を減らすべきだと言われたことがある

・仕事ができない状況になるとストレスを感じる

・趣味やレジャー、運動などを仕事のために犠牲にしている

・健康に悪影響があるほど働いている

この7つの項目のうち、4つ以上が「(4)よくある」または「(5)ほとんどいつもそうだ」だったあなたは、ワーカホリックの可能性があります。

日本の労働環境も
見直しが急務?

Medium cc10dd22f9d7ab9ff555e916a2a9e0d7dd26c101

日本は戦後のサラリーマン文化の影響が強く、まだまだ長時間労働文化が根強く残っています。海外では、日本のサラリーマンはワーカホリックの代名詞とされることも珍しくありません。

情報化によりこれまでと社会の前提が変わってきた以上、グローバルな競争の中で生き残っていくためには、ノルウェーに倣って労働文化もどんどん変えていく必要があるのかもしれません。

「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
毎日遅くまで働いているあなた。たまには早く帰りたいと思ったことはないでしょうか?ここでは、生産性を上げることを専門としているコンサルタント、モルゲンシュテ...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
暇とチャンスは自分でつくれ時は金なり。とかくこの世は忙しい。日々の仕事や雑務に追われ、なかなか自分の時間が取れないと嘆く、そこのあなた。「暇がない」が口癖...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
星座別占いから手相まで、自分の性格や将来について少しでもヒントが欲しい!というあなた。反対に、占いなんて信じない!というあなたも騙されたと思ってちょこっと...
「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡です...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点が...