安西先生に学ぶ、人の力を120%引き出す方法

Bリーグが開幕し、再び注目が高まっているバスケットボール。今の30代~40代に、バスケ漫画といえば?と聞いたら、ほとんどの人が『スラムダンク』を挙げるでしょう。ここでは、指導者としての安西先生にフォーカスしてみたいと思います。彼は温厚で、一見なにも考えていないように見えて、要所要所で部員たちを鼓舞する言葉を投げかけます。

遠越段さんの著書『人を動かす!安西先生の言葉 「スラムダンク」に学んで成功しよう!』では、そのコーチング術についてまとめられています。彼はなぜ、選手の能力を120%引き出すことができたのか?そこには、ビジネスパーソンも学ぶべき信念がありました。

「重大な選択」に対する
アドバイス

08c7c89b7b0c059ca4b89311984716a11dbea473

湘北高校が陵南高校との死闘を制してインターハイ出場の権利を手にした頃、安西先生のもとに、流川が訪ねます。

アメリカ留学に行きたい旨を伝える流川。しかし、安西先生は反対します。なぜなら、流川の最大のライバルである仙道に実力で劣っているにも関わらず、アメリカに行くのはただの「逃げ」でしかないからです。「君は日本一の高校生になりなさい アメリカはそれからでも遅くはない」と進言するのでした。

流川のアメリカ行きへの決意は、世界レベルの活躍をしたいという意欲の現れと共に、深層心理で逃げがあるのではないかと見抜いていたのです。

翌日、流川は安西先生のもとへ再びやってきて「よろしくご指導ご鞭撻のほど…お願いします」と頭を下げました。

夢を持ち、人生の計画を立てるのは良いことです。しかし、夢や目標に近づくためには段階があります。一つひとつステップアップしていく地道な努力も必要なのです。

そのことを教え、導いてあげるのもコーチングのひとつだと言えるでしょう。

「感じる力」を伸ばしてあげる

368adeda84a74041dc8a21267c3e29b01cc55c56

安西先生は、選手たちの気持ちをよく読むことができる人です。

しっかり観察し、育つ力をサポートしてあげようと強く思っています。あくまでも選手が出発点であり、中心なのです。だからこそ桜木のジャンプシュート2万本特訓のときも、本人がやりたいと思っているから、実行するように促したのです。

特訓により基本的なシュートを身につけて、改めて流川の巧さを思い知ったのです。すかさず安西は桜木に声をかけ、流川の3倍練習しないと高校生のうちには追いつけない、と伝えます。桜木は安西先生の言葉の意味を理解し、思いつめた表情になります。

スポーツでも、ビジネスでも、人が成功し成長していくために必要な力が「感じる力」です。2万本シュートを特訓することで、桜木にも感じる力が身についたのです。安西先生は、流川に負けたくないという桜木の野心を活用しながら、感じる力を伸ばしてあげようとしました。

このように、適切な場面で適切な言葉を伝えることが大切です。

自ら問題を発見できる
チームをつくる

3967570cc837c66e4af5f0c37803140c48a556d3

全国大会一回戦。湘北高校は残り2分のところで10点差のリードを守っていました。安西先生は安堵することなくゲームの流れをじっくり眺めていました。そして気づくのです。豊玉の集中力がアップし、メンバーの顔つきが変わっていることを。そして、湘北高校のメンバーが勝ったなどと思ってプレーをしていたら、やられてしまうことを…。

実際に桜木らは勝ちを確信しながらボールを追いかけていました。そこで、メンバーの油断を見てビシッと手を打ったのが主将の赤木です。相手の3ポイントシュートが決まると「油断するな!!」と一喝します。各選手もここでハッとなり気持ちを戒めました。

赤木の言葉はきっと、安西先生の気持ちが伝わってのものだったのでしょう。

注意を与える前に、自分たちで問題を発見し、対応を考えられるチームこそが理想です。ビジネスの世界でも、つねに自主的に問題を発見し、報告し、話し合い、改善していく組織が伸びていくに違いありません。強制されたスパルタ式では、最高の組織は生まれないのです。

2016年9月22日は、日本のバスケットボール界にとって新たな時代の幕開けでした。Bリーグの開幕です。そんなバスケットボールが日本に広く普及した要因のひと...
1990年に連載を開始した、大ヒット漫画『スラムダンク』。当時、日本中にバスケブームを巻き起こすきっかけにもなりました。そんなスラムダンクの登場人物たちは...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...