男の子でも女の子でも楽しめる!スケートショップとフラワーショップが一体化した素敵なお店。

いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる。ニューヨーク・ブルックリンからやってきた、スケート&フラワーショップだ。男の子でも、女の子でも、こんなに楽しめるショップ。絶対に足を運びたい!

ブルックリンからやってきた
小さくてかわいいスケートショップ。

ニューヨーク・ブルックリンの街角にたたずむ小さなスケートショップ『Park Delicatessen』が、東京・中目黒の『The Workers coffee/bar』にやってきた。
(※ポップアップショップはすでに会期終了しています)。

「自分たちで好きなものを売ろうと思ったら、自然とこの形に。」「スケーターのためだけの店にしたくないから、ライフスタイルの雑貨も充実させている。」オーナーのマイケル・スクラファニー氏と、パートナーのヴァレンティン・ルン氏は、こう話す。

店内には、彼らがデザインするスケートボードアイテムのほかに、なんと、生花や、花にまつわるグッズまで展開されている。スケートボードと聞くと、その文化に精通した人のために開かれたものだと考えがちだが、彼らが発信するインスタグラムの投稿を見ていると、その考えが覆されていく。 

スケートショップは、それ自体はとってもかっこいい。仲良くなったら楽しそうな人たちがいそうで、なんだか面白そうな雰囲気を感じる。だけれど、スケートボードに興味がないと、なんだかちょっと入りづらいよう思えてしまう。そんな、ショップに、花が置いてあったらどうだろう。色とりどりの花に手招きされているような気持ちにならないだろうか。とにかく、とってもアットホーム。人との距離が近いブルックリンの街にぴったりな店だ。

ブルックリンを出るのは初めてということで、現在店舗には、こんなに素敵なポスターが貼られている。ショップオーナーも来日し、オリジナルコレクションの新作に加え、新たなコラボレーションパートナーとのグッズや、フラワーアレンジメント「The Park Deli. Classic」も販売。スケートボードと花という一見意外な組み合わせによって、街の人、みんなから愛されている素敵なお店である。

「Park Delicatessen」from Brooklyn POP-UP SHOP
会期:10月29日(土)11:00〜19:00
   10月30日(日)11:00〜18:00
(※すでに、会期終了しております)
場所:The Workers coffee/bar
住所:東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS1F

特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
年齢なんて関係ない。そう思わせてくれる素晴らしい先達が沢山いる。ニール・アンガー氏もその一人。スケートボードは若者のためのスポーツ。そんなことは、誰も決め...
美味しい珈琲はもちろん、店内に流れる空気や音楽、お客さん同士の語らいやスタッフの笑顔など、すべてが「美味しさ」につながる、東京渋谷界隈のおすすめのコーヒー...
「目が見えないから」それは、理由にはならなかった普通なら、きっとスケートボードをやろうなんて考えもしないだろうーー。そう、彼は目が見えないのだ。しかし、彼...
『ピーナッツ』といえば、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのキャラクターでお馴染みの一大ヒット漫画。1950年にアメリカの新聞7紙で連載が始まってから、...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、米メディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出そうとしてい...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...