楽しく身体を鍛えるだけじゃない「アクロヨガ」の本当の魅力って?

そもそもアクロヨガは、アメリカ生まれの最新のヨガとも紹介される「ヨガとアクロバットとタイマッサージ」を融合させた、複数人で行うヨガのことです。世界中に愛好家がいて、InstagramやYouTubeなどで自分たちのパフォーマンスをシェアする人が多いのも特徴です。

完成したアクロバットなポーズだけを見ると、まるで曲芸のようで「これがヨガ?」という声も聞こえてきそうですが、もともと「つながり」という意味の言葉を語源とするヨガですから、アクロヨガのような人とのつながりがずっとあるスタイルは、じつはとてもヨガらしいヨガなのかもしれません。

また実際に、アクロヨガの認定講師になるにはRYT200という総合的にヨガを学ぶ200時間のトレーニングを受けていることが必要で、アクロヨガの認定講師たちはヨガのひとつのスタイルとして捉えられ、伝えています。

アクロヨガの哲学は
シンプルでエネルギッシュ!

972e18e72278e8a1b0f5a8c423e892e99c64cea4

背景にあるアクロヨガの哲学はとてもシンプルで、

「楽しかったら、あなたがやっていることは合っている。気持ち良かったら、あなたがやっていることは合っている」

というもの。

少し堅苦しく修行的な要素もあるヨガ哲学にくらべ、もっと人生を楽しんでいいんだよ、遊ぼうよ、笑おうよ、生きてることを喜ぼうよ、みんなといっぱい触れ合おうよ!というエネルギッシュなメッセージであふれています。

これまでストイックにヨガをして窮屈さを感じていた人の胸にまっすぐ響いた例も、少なくありません。また「普通のヨガには興味がないけど、アクロヨガは楽しい」といった声も聞こえます。やってみないとわからない魅力があり、やっていくうちにびっくりな効果がたくさんあるのです。

究極のコアトレと
極上のヒーリングを、笑顔で。

E5bbbe210582db08a652f1febb965ec4cf4eb863

アクロヨガには、陰と陽の要素があります。アクティブなパートを「ソーラー」、癒しのパートを「ルナー」といいます。

アクティブなソーラーの特徴は、なんといっても笑いながらコアトレができること。たとえば、基本のバードという技では土台となる人(ベース)は腹筋、腿が鍛えられ、ハムストリングスの柔軟性が増し、美脚になります。上になる人(フライヤー)は背筋が鍛えられ、腸腰筋や内転筋、前鋸筋なども鍛えることができるので、全身引き締めの効果があり、究極のコアトレになります。

練習は基本3人で行い、ベース、フライヤーと調整役のスポッターがいます。スポッターは不安定な時のサポート、方向性のアドバイスや安全を守る役をします。

筋トレとの違いは、筋トレ自体が目的なのではなく、アクロヨガのポーズを複数人で見つけていく、その楽しいチャレンジの中で、知らないうちに鍛えられてしまうというところ。

パワーラインといって、無理なく骨を重ねていくようにポジションをとっていくと、自分の倍ぐらいの体重の人を楽に乗せることも可能なのです。できないと思うようなことができる達成感や協力しあう喜び、人に信頼してもらった満足感など、精神的な喜びがたくさん感じられます。失敗しても笑う、うまくいっても笑う。そこがスポーツとも違うアクロヨガらしいところなのかもしれません。

A0a41767ab065e21d38f7b402f5b5c9de3a024e1

癒しのパート、ルナーではマッサージとゆったりしたフライングも学びます。タイマッサージを経験された方には想像しやすいかもしれません。

全身で体をゆらされたり、浮くような経験はないでしょうか。その延長で空中に浮かばされてリラックスしていくようなものが、癒しのフライングです。マッサージは受ける側だけでなく、与える側も気持ち良く、終わったあとに疲れるのではなく、なにかエネルギーが溢れるような幸せを感じます。

アクロヨガの癒しのフライングは、究極のリラックス、極上のヒーリングを経験できるのです。

アクロヨガで
自分の殻を破ってみる

Fe6cd6e9fdca6f40cf331fab7ad26ffaa7994a9a

私自身、アクロヨガに出会って大きく変わったことはなんだろう、と考えてみました。私の場合は、本当にやりたいことに忠実になり、行動できるようになったことです。笑うことが増えたこと、楽しいと感じている時間が増えたこと、もそうですね。

3人も子どもがいる主婦で経済的にも余裕もないのに、アクロヨガの勉強で何度も渡航をしました。そのチャレンジ精神や行動力は、アクロヨガをしていたことによって生まれたのです。

逆に、アクロヨガのトライをためらう要素として「できないと思う、無理」という声も聞きます。やってみたこともないのに、とても残念です。

スポーツや楽器の演奏、作品作りなどなんでもそうですが、披露されている状態に至るには誰しも練習を重ねています。結果だけでなくそこに至る練習の中に、驚きの効果が潜んでいます。

そう、アクロヨガのびっくりな効果とは、自分の殻がいくつも破られていくというもの。身体も楽しく鍛えられ変化しますが、それだけでなく、物事の捉え方が広がり、人とのかかわり方が広がり、自分を開放することができ、自由になる、オープンマインドになります。そして人生そのものを切り開いていく、チャレンジの心が大きく育っていきます。

アクロヨガを実践できるところは、日本でも増えてきています、ぜひ、楽しく、あたたかく、気持ちいい、素晴らしいコミニュケーションであるアクロヨガにトライしてみてはいかがでしょうか。そのはじめの一歩が、新たな人生への一歩となるかもしれません。

E712e7e270bc25cdc483779365c178ff91a8d3f3

(AcroyogaTeachersTraining in Bali にて)

Licensed material used with permission by アクロヨガ正式指導者 中村晃子, (HP), (blog)
ホットヨガまではなんとなく付いていけていたけれど、近頃では、ペットヨガ、SUPヨガ、アクロヨガ、ハンモックヨガに絵本ヨガ、こうした“変わり種ヨガ”が次から...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
エクササイズが女性の身体にも心にも活力を与えてくれる理由を、ライターStephanie Sharlow氏が「Elite Daily」で記事にしています。じ...
ヨガをやっていて悩むのが、「正しくポージングできているかな…?」ということ。見よう見まねでやってはみるものの、何となく違う感じがしたり。かといって、マンツ...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
よく目や耳にする「体幹」という言葉。アスリートたちの高いパフォーマンスは、ここが強いからとも言われています。「どうやって鍛えたらいいの?」という人、You...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
最近はさまざまなエクササイズがありますが、ヨガは毎日のルーティンに取り入れることで、人生のあらゆることを学ぶことできます。女性ライターのMeredith ...
「シッスクパック」とは、よく鍛えられた六つに割れた腹筋のこと。多くの男性が憧れるだけでなく、もちろん女性にもファンは多いですよね。ここでは、そんなバリバリ...
ヨガとセックスで最も関係ありそうなことといえば…柔軟性?もちろん、あるでしょう。でも、それ以外にもたくさんの関係性が見つかりそうです。自身もヨガをやってい...
月間60万PVを誇る人気ブロガーの、みうさん。自身が実践する「ヨガの教えを活かしたシンプルライフ」は、多くの人からの支持を集めていて、今年7月には書籍『ヨ...
瞬間、その写真に我が目を疑いました。芝生に敷いたマットでヨガポーズをとる女性の胸の下に赤ちゃん。合成のようにも見えません。そう、ママの体を使っておこなうの...
自然で愛らしい笑顔は、同性から見ても魅力的なもの。あなたも誰かの心をつかみたいと思ったら、まず笑顔の作り方のトレーニングから始めてみてはいかがでしょう? ...
「UPLIFT」で、ライターのJacob Devaney氏がヨガをすることはカラダの痛みを和らげるという記事を書いています。氏曰く、ヨガや瞑想など精神を大...
そろそろ寝ようと思っても、繁忙期などでは仕事が頭から離れずに、眠れないことがあるはず。そんな時にこそ実践してほしいコトを、ライターJade Sheldon...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。ここでは...
強姦被害に遭い、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいたHeidi Williamsさんは、自ら命を絶とうとしたこともあったそう。しかし、...
就寝前のヨガが「安眠へと誘ってくれる」、とアメリカの運動科学研究が立証したようです。早速、「LittleThings」ではベッド上でできるおすすめポーズを...