一年にたった1日だけ、サボテンは美しい花を咲かせる

美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか咲かない品種もある。

その一瞬のきらめきを、サボテン愛好家のフォトグラファーEchinopsis Freakが定点観測し続けた動画の美しさに、思わずため息が出てしまった。

とにかくオススメは動画。複数のつぼみが一斉に花開く瞬間は、言葉以上に圧巻だから。

満開の美しさは
わずか2時間たらず

9455ec76dcd2d7c79ca9e184c5ab1f6577d9536cF1f33386693f4785e8bfe899e98eec3d396265c46f13ac2feebd6211754010e92f94a9b84e41e6e375d4e3e56590eaffb6b7c4b2c33a6dfb02a980fcAffbf8b07a734891d058f30834878b2af69bbcaf09dab3532ec1d4e477195aebeffb8b8828820e0c7733cf20cba5fc612f06b23b0c4bb11a99e6a27d9dc7da9e8c138c70a63951754168c90dbd3001eeA2e6b24f9190d63f20e9d7ae74e1fe9cfa60fa5a

突き詰めていけば、「満開のサボテンの美しさはわずか1時間から2時間ほどしかない」、Echinopsisはこう強調してみせた。

自身のコレクションより、つぼみがふくらんんで開花間近になったサボテンを、きっといとおしそうにカメラの前に運んだに違いない。そこからおおよそ8時間かけてカメラを回し続けるんだそう。こうして、一年間待ちに待った瞬間が訪れる。

開花に50年かかる品種も
奥深きサボテンの楽しみ

サボテンという植物はじつに奥が深い。
この開花ひとつとっても、品種によってバラバラだったり、花がつくのに株の年齢が達していなければ、どれだけ待ってもきれいな花を咲かせてはくれない。なかには種から育て開花を迎えるまでに50年かかると言われる品種(キンシャチ)もある。トゲトゲしいだけがサボテンの魅力ではない、ということか。

さて、昨年、国際自然保護連合(IUCN)が発表した調査結果によると、1,480種といわれる世界のサボテンのうち、約31%が絶滅の危機にひんしていることが初めて明かされた。原因は乱獲。なんでも絶滅危惧レベルは哺乳類や鳥類よりも高く、同連合は「サンゴに次ぐ危機的状況」と警鐘を鳴らしている。

人間の歴史より何倍も長く生きてきたこの植物が、これからも毎年きれいな花を咲かせられる環境であってほしい。

Reference:IUCN
Licensed material used with permission by Greg Krehel
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
まだまだ暑い日が続きますね。本日も1日お疲れさまです。今は帰宅されてる途中でしょうか?ぶっちゃけこんな時は、ボーッとするのが1番。こちらの動画をどうぞ〜。
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で木...
舞台はインドのウッタル・プラデーシュ州にある学校。Krishna Kumarさんは、教室に80人以上の生徒を集め、とあるギネス記録の更新にチャレンジしまし...
ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...