子どもたちの描いた絵がぬいぐるみになるコンテスト。選ばれたものは世界中で販売へ!

イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで販売!します。

未来の天才デザイナーたちが描いた過去の独創的ぬいぐるみたちを見てみて。愉快な出来栄えについ頬が緩みますが、作者のコメントも必見ですよ。

Medium 0b5dd40074cccb3d2ce7bf945d4f60cd534ab980

「甘いものが大好きな虫歯のばいきんはこんな風かなって思って描きました。ばいきんは自分はきれいな歯をしてて、笑いながら私たちを虫歯にしているの」。

Chutirada(5歳)

Medium 9e0ffd2f7db2a6477cb26480f0ee3241e0bd6af5

ママから、お絵描きしてみればって言われたときから、描くものを決めていました。いっしょに遊べる犬です。このぶちの犬を描くのにたったの4分しかかかりませんでした。犬の名前はターピーです。

Miro(7歳)

Medium 810ce41d28da65fe5254677395ea73ea9f80c0d2

「これはユンヌスって名前のライオンです。やわらかいっていう意味で、この動物にぴったりの名前です。ぼくはライオンが大好きだけど、本物は見たことがないんだ」。

Irmak(5歳)

Medium b35887b0f56e4c9c0984873a2e26ec7a31abaf51

「ぼくが描いた恐竜はアパトザウルスで、大昔にいた恐竜です。でもぼくのソフトトイは、本物の恐竜みたいに絶滅したりしないんだ。抱きしめたいときにいつだってそばにいてくれます」。

Yik(7歳)

Medium 9ddd373dd3e92cdfbcedced4b3ec790d03f2dc31

「ぼくはきれいな色を使ってニコニコ顔のおひさまを描きました。名前はスーパーソレイユ。おひさまのことだよ。たくさんの子供たちをハッピーにしてくれるソフトトイになればいいな」。

Leonard(6歳)

Medium 6d02b9d003a86b381c7d6e8a61b6689cbc2f835a

「私のソフトトイは、ブタの鼻とサルのしっぽをもつカエルです。グルブイユって名前にしました。フランス語のカエル(グルヌイユ)とほとんど一緒かな。きれいでおもしろいカエルになりました」。

Maia(6歳)

Medium a1284fb9dce03dcb8309390ef2473e6ea6f90f55

「ぼくのソフトトイはあたまが二つでからだが一つの鳥です。名前ドュプタージェック。ツインバード(ふたごの鳥)の意味です。最初はロケットを描こうとしたけど、こっちにしました」。

Lukas(6歳)

Medium 6670bef44a2a702e6af56187c2d3fc8600507179

「このソフトトイは、馬と恐竜のミックスでホースザウルスです。名前はアレル。とてもおとなしい動物です」。

Naurazka(9歳)

Medium 918defda430993e6920589ca88f990e49d25a7d3

「私はあひるが大、大、大好き!それで黄色いアヒルを描こうと思いつきました。彼女の名前はスースー。私みたいに、子供たちをハッピーにするのが好きです」。

Chutirada(5歳)

Medium baaac79da8602c9af24d7c849faddad5909a8bf9

わたしは恵まれない子供たちのために、かわいいフクロウを描きました。名前はパチョンです。メキシコの言葉で、やわらかくて抱きしめたくなるものっていう意味です。メキシコ人のママから教えてもらいました。

Amina(6歳)

Medium df2af7ed2191907b476d1a2a145c60a8ed704349

これらすべてが「SAGOSKATT/サゴスカット限定コレクション」として、11月20日から販売開始。ソフトトイ1つにつき1ユーロが、貧困に苦しむ子供の支援事業に寄付されます。そのことを理解して描いている子どもたちもいるようですね。

応募条件は、IKEA FAMILYメンバーであり、0~12歳以下であること。受付は11月20日まで。今年選ばれた作品は、2017年の冬に商品化予定です。詳細はコチラから確認してみて。

Licensed material used with permission by イケア・ジャパン
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
これからのお絵描きは3次元!立体を描けるペンがあるってこと、知っていましたか?このペン、第1弾のモデルが2013年12月に発売されて話題になったもので、ペ...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
朝ごはんは人間にとって必要かそうでないのか。これまで幾度となくなされてきたこの議論。結局のところ、それぞれの食習慣やライフスタイル次第というところに帰結す...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...