元ギャングが、タトゥーの消された自分の姿を見たら…

もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。

そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつくりました。彼は400時間以上もかけて、LAの元ギャングが全身に入れたタトゥーを“除去”したのです。

「Homeboy Industries」という、元ギャングへの教育や支援を行っている団体のメンバーがタトゥーを除去するプロセスを見て、このコンセプトを思いついたのだとか。

笑い、沈黙、涙。
「これは、深いストーリーになる」

5501295ecbf69a55e29f37d35a53aaaccee886ab

参加者のMarcusは、タトゥーが取り除かれた自分の写真を見せられたときに、何と言ったら良いのかわからず、笑い出してしまったそうです。そしてその後、重たい沈黙が彼を包み込み、目には涙を浮かべていたのです。

その様子を見たスティーヴン。「これは深いストーリーになる」と。

7047dfe521591bd9d40ea1684b6f6117369a01d6

この一連のプロジェクトのタイトルは「Skin Deep: Looking Beyond Tattoos(肌の向こうに:タトゥーを超えた眼差し)」。

タトゥーの与える印象だけでなく、元ギャングたちの痛ましくも、希望にあふれた「ストーリー」に焦点をあてようとしているそうです。

11960ef173c861279165d88bc15ac719e9cbe788D3182d0704cfacd438f194f365277e36a8ec328889a045a95cceb2b4f975bce2faa29b1ad0f4f3ab

参加者は、男女27人の元ギャング。スティーヴンは172ページにも及ぶ写真集にまとめ、現在Kickstarterにて支援を募っています。

0a5d70ba99d4a111051335bfbd28ac8b3d9fb567
Licensed material used with permission by Steven Burton
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...