元ギャングが、タトゥーの消された自分の姿を見たら…

もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。

そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつくりました。彼は400時間以上もかけて、LAの元ギャングが全身に入れたタトゥーを“除去”したのです。

「Homeboy Industries」という、元ギャングへの教育や支援を行っている団体のメンバーがタトゥーを除去するプロセスを見て、このコンセプトを思いついたのだとか。

笑い、沈黙、涙。
「これは、深いストーリーになる」

Medium 5501295ecbf69a55e29f37d35a53aaaccee886ab

参加者のMarcusは、タトゥーが取り除かれた自分の写真を見せられたときに、何と言ったら良いのかわからず、笑い出してしまったそうです。そしてその後、重たい沈黙が彼を包み込み、目には涙を浮かべていたのです。

その様子を見たスティーヴン。「これは深いストーリーになる」と。

Medium 7047dfe521591bd9d40ea1684b6f6117369a01d6

この一連のプロジェクトのタイトルは「Skin Deep: Looking Beyond Tattoos(肌の向こうに:タトゥーを超えた眼差し)」。

タトゥーの与える印象だけでなく、元ギャングたちの痛ましくも、希望にあふれた「ストーリー」に焦点をあてようとしているそうです。

Medium 11960ef173c861279165d88bc15ac719e9cbe788Medium d3182d0704cfacd438f194f365277e36a8ec3288Medium 89a045a95cceb2b4f975bce2faa29b1ad0f4f3ab

参加者は、男女27人の元ギャング。スティーヴンは172ページにも及ぶ写真集にまとめ、現在Kickstarterにて支援を募っています。

0a5d70ba99d4a111051335bfbd28ac8b3d9fb567
Licensed material used with permission by Steven Burton
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
ファッションだけではない⁉︎多くの人びとに希望を与える「タトゥー」17歳のサミーラ・オマールさん。彼女は、クラスメイトたちのいじめで熱湯を浴びせられた。そ...
タブーを無視したブラックユーモアギャングのボスが、ビージーズの名曲『STAY'IN ALIVE』にのせて心臓マッサージの方法を教えてくれる!?これだけでも...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
タトゥーを入れながら診断ができるブラジルでは皮膚ガン患者が乳ガンと前立腺ガンをあわせた患者数より多い。特に若者は皮膚ガンは年寄りの病気だと思い、なかなか受...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
パリ・サンジェルマンFCには、世界が誇る最高のフォワード、イブラヒモビッチが在籍している。世界でもトップクラスの、超一流サッカープレイヤーだ。2月14日の...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...