置くだけで食べ物の新鮮さを保ってくれる「魔法のカード」

Natural Resources Defense Council(天然資源保護協議会)によると、アメリカ国内における食料廃棄は、年間3千5百万トン。金額にすると、約1,650億ドル(約17兆円)にものぼるこの莫大な量は、1990年代と比較して50%増、1960年代の3倍以上にもなるといいます。

そんな危機的状況の救世主になり得るのが、この「Food Freshness Card」。とはいえ、そこまで壮大なテーマでなくとも、あなたの家庭でも十分役に立ちそうですよ。

細菌やバクテリアの増殖を抑制

Medium ae6fe174346fa60ca926104590279742d90fc02d

野菜や果物に囲まれた中央のカードがそれ。置いておくだけで、半径約30cm範囲にある食品の鮮度を保ち、腐敗を防いでくれるそう。

Medium a9a47d6f369d0cab0d440243e178bd35fa0029b8

カードからは電磁波や周波数が出ており、これが食べ物を腐敗させるバクテリアや細菌の増殖を抑える仕組み。ちなみにカードは、冷蔵庫外でも使用可能です。

写真を見れば
その差は一目瞭然

Medium 12deb9817940fdd3c2412ac5a373f168d44925d4

右側がこのカードを使用した結果。写真を見るかぎりでは、かなりの効果が期待できそう。

Medium 912732527ff583673dafa25b97e6da7817221d8eMedium 01e6dc85da38cb045d98f64ec161785188e0c83aMedium b02c075eaa154038bb50f475e5141b91b48e4d41

現在「INDIEGOGO」でクラウドファンディングを実施中。価格は39ドル(約4,100円)で、別途送料が発生します。最低1年間は効果が継続する模様。一度購入すれば、家計に大きなメリットがあるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by RJ Hassler
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
海外旅行に出かけるとき、いかに荷物をコンパクトにするかはいつも頭を悩ませるところ。大したものは入れてなかったつもりでも、ちりも積もれば…で、いつの間にかス...