パーティーライクな「特大パリパリ揚げ餃子」をつくってみよう!

北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。

ということで、ワンパターンな春巻きよりも断然こっちの方がパーティーライク。豪快な見た目も魅力です。

春巻きの皮を使って
ジャンボな揚げ餃子にトライ

D7b721e00e595225a00f07f4bfe167525dfefdeb

アフリカの料理って、香辛料がきつく、ややこしそうな材料を使いそう…。こんなイメージありますよね。でも、一般的なスーパーで売っている材料だけでも簡単につくることができるんですけどね。

〈材料:1人分〉
・春巻きの皮:1枚
・卵:1個
・マッシュポテト:80g
・ツナ缶:1/2缶
・パセリ:適量
・小麦のり(小麦粉+水):適量
・揚げ油:適量

9203e78d99ce838513b9c6aae29c8e68500f4958

〈つくり方〉
①春巻きの皮にマッシュポテトをドーナツのリング状にのせて、その上からツナ、パセリをのせて、卵を割り入れます。ふちに小麦粉をといたのりを塗って折りたたんでいきます。

②170℃に熱した油できつね色になるまで揚げればできあがり。

チュニジアでも、好みに応じていろんな食材を包んでいるようだから、アイデア次第でアレンジは無限に広がりますね。

お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
薄く切った大根でお肉をはさんで焼くだけ。カンタン・ヘルシー・美味しいの三拍子が揃った「大根餃子」を紹介します!特徴は、ひと口しゃくっとかじると、じゅわあ〜...
唐揚げは、定食や弁当のおかずとして、特に鶏の唐揚げが老若男女を問わず高い人気があります。一方、竜田揚げは唐揚げとはまた違った味と食感で美味しいですよね。し...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
昨今の健康ブームに乗っかって、ではなく日常的に食卓に「豆腐」が登場する国は多々あります。その起源は中国と言われ、ベトナムやタイ、カンボジアなど東南アジアの...
コロッケやメンチカツは、好きな人が多い一方で、作るのにちょっと手間がかかります。油で揚げるのは、どうしてもハードルが高いですよね。でも、ここで紹介する作り...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
エッフェル塔に凱旋門、オペラ座、ノートルダム大聖堂──。これらは、パリを訪れたことがある人なら、一度は足を運んだであろう主要観光スポット。では、その100...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...