睡眠不足を「スプーン1本」でセルフチェックする方法教えます

イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。このモズレーが、今度は「二度寝のメカニズム」について言及している。

そちらも気になるところだが、そこで登場する睡眠不足のセルフチェック法に注目したい。なんでも、100年前の心理学者が提唱したもので、実際に使っていた診断法だとか。

睡眠不足は、
入眠までの時間でわかる

Medium 0868299de0d10e1c96cc408e69aaf6d105b89cff

まず、はじめにことわっておくと、テストは正午過ぎの昼下がりに行うことKleitman博士は推奨している。夜の睡眠の質や量を測るためのものだからだろうか。さらにテストには、真っ暗な部屋とベッドも必要。

スプーンのほか、調理道具のバットなどの金属製プレート、そして時計も用意しよう。

■診断方法

<準備>

①明かりを消した部屋でベッドに横になる
②スプーンを片手に握り、その手をベッドの外へ
③その真下に位置するようバットを設置
④この状態で眠りに入る

要するに睡眠状態に陥れば、無意識的にグリップが弱まり、スプーンが手から離れる。そのまま落下したスプーンがプレートに当たり、大きな音を立てることで目がさめるという算段。

では、スプーンとプレートが奏でる甲高い音を聞いたあとにすることは?

起きたらすぐに時計をチェック。目を閉じていた時間の長さがどれくらいだったのかを計るためだ。この時間の長さで睡眠不足かどうかが判るんだそう。

■判定結果がこちら

・入眠から5分以内=深刻な睡眠不足
・入眠から10分以内=睡眠不足予備軍
・入眠から15分以上=問題なし

100年前から伝わる
睡眠診断テスト

Medium d68bbb2945699cf7e98dfe442a5e504533b0c8ec

20世紀初頭、シカゴ大学の心理学者で睡眠学の権威だったNathaniel Kleitman博士によって考案されたのが、スプーンを使った簡単な入眠潜時テストだ。入眠潜時とは、覚醒状態から眠りに入るまでの所要時間のこと。

科学的に基づく…とまでは、正直ちょっと言いがたいところだけど、当時はこれが立派な診断材料として利用されていたのだろう。だが、モズレーは「かなり信頼性の高いサイエンスだ」と太鼓判。

そこまで言うのなら、あとはもう自分で試してみるほかない。ということで、古典的な方法で調べるアナタの寝不足度チェック。まあ、ものは試しに。

寝つきが良すぎる人は、
睡眠不足の可能性アリ

すぐに眠りについてしまうことと、睡眠不足がどう紐づくのか分かりにくいが、Nathaniel博士の考察によると、日中の眠気と夜の睡眠に相関関係があるようだと「Daily Mail」が解説する。

不眠症問題研究所の調べでは、極度の睡眠不足に悩む人たちでさえ、ベッドに入った後わずか1分ほどで眠りに落ちることもあるという。簡単に入眠できる、なのに睡眠が足りていない原因が「短時間睡眠」だ。彼らの多くが、夜中にたびたび目を覚ましてしまうそう。

だったら、
よっぽど二度寝がいい?

Medium c5bca890889679e77b58e1f5e6aa7bbcdd2d71b5

そこで、モズレーの二度寝(多相睡眠)するほうが体にいいとする提案が登場した訳だ。一度夜の11時に寝て、5時間後の午前3時にするヨガを勧めている。もちろん、その後はまたベッドに。

曰く、イギリス成人の約70%が睡眠時間7時間を割っている現状。現代的なライフスタイルがより、二度寝を求めている証拠だと「Daily Mail」に語っている。

質の高い睡眠を!早寝早起きで健康を!そんなことはわかってるんです。でも、昨日は忙しくてあんまり眠れなかった、なんてことは日常茶飯事。そんな時どうすればいい...
大人は、1日平均7~9時間の睡眠をとったほうがいいと言われていますが、世界の中でも「睡眠時間が短い」と言われる日本人は、きちんと休めていないのではないでし...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
過去に「不眠症」で悩んでいたというメンタルカウンセラーのAdelma Lilliston氏。彼女を救ったのが「無理に眠ろうとしない」という発想の転換だった...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
不眠症の画期的な治療法として、「睡眠時間を短縮する」という、あべこべ理論が発表されました。このパラドックス、実はきちんとした科学根拠に基づいたものなのです...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
寝つきが悪いタイプは、「就寝前の行動のどこかに睡眠を妨げる原因がある」というのが、瞑想のスペシャリストLight Watkins氏の意見。この記事のなかで...
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
寝ながら無意識にしちゃう行動。身に覚えのある人も多いかもしれません。なかには友達に指摘されて恥ずかしい思いをした行動や、まずい発言で恋人に責められた…なん...