高い建物ほど強い!?アメリカのランドマークをかたどった「チェス」

知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。

そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでかたどったプロダクトがEtsyにありました。

高層建築が
チェスの世界に

Medium 1b5f0ee68dc7691e396ef6a53aaa629eca042cff

キング、クイーン、ビショップ、ナイト、ルーク、ポーン…チェスの駒は、ヨーロッパの宮廷を抽象化したものと言われています。一方でランドマークになるような超高層ビルたちは、施工者の技術と資金を誇示するためのモニュメントと言っても過言ではありません。

チェスの駒が封建時代の権威を形にしたものだとしたら、高層建築物はさしずめ資本主義時代の権威の象徴といったところ。

高い建物ほど、強い

Medium 83cc6e81260acebc956ea1d6273a7acb456db0a0

たとえば、こちらは「シアトル」の駒。

・キング:コロンビア・センター
・クイーン:ツー・ユニオン・スクエア
・ビショップ:スペース・ニードル
・ナイト:ラッセル・インヴェストメント・センター
・ルーク:レーニア銀行タワー
・ポーン:シアトル公共図書館

となっていて、地上高の高い順から強い駒になっているんです。

すべての駒は
3Dプリンタ製

Medium f5e1e940121b3bd8a6d34fd891bc9fac60951b64

立ち並ぶ姿も美しいこの駒は、3Dプリンタで作っているそう。価格は大きさによって96〜194ドル(約1〜2万円)。チェスボードはプラス50ドル。 お部屋を知的に演出するアイテムとして、あるいはお土産にいかがですか?

Licensed material used with permission by Abraham Ruiz
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
想像してみよう、幼い頃自分を抱きしめてくれた両親や、活躍していた頃の自分の姿を3Dプリントできたら・・・。動画は3Dプリンターで思い出の写真の中の風景を立...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
先に言わせてもらうならば、ツッコミどころは満載。・場所はイギリスではなくアメリカ・「ホグワーツ特急」とはいえ、どう見ても普通の電車・アカデミックカンファレ...
厳しい訓練で知られるアメリカ海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」。Mark Divine氏は20年間在籍した経歴があり、さらに格闘技歴は30年を数え、ヨガを...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE...
アフリカ、スーダン。 この南部は、2011年7月に独立を果たした、世界で一番若い国家。しかし、長く続いた対立が終わったと思うのもつかの間、内部の闘争は今も...
映像や画像ではこれまで豊富に紹介されてきた新型MacBookですが、以下に紹介するMashableが公開した画像は、本体を3Dでバーチャルで再現したもの!...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
身の回りにあるものって、どのくらいの頻度でお手入れをするか迷いますよね。使ったあとに毎回洗うものや、定期的に大掃除したほうが良いものなど。でも、所変われば...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...