ダジャレを題材にしたアート「DAJAART」が新作を発表。あなたは何問わかる?

言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現し、新たな世界観を提示する。そんな斬新な試みで話題を呼んだ「DAJAART」に、待望の新作が登場。世間的にはダサいイメージのあるソレも、発想次第でここまでクールに見せることが可能に!?

それでは、以下の写真のもとになったダジャレを考えてみてください。

01.

Medium 04512f727d598d4dee2e4ba3174f044e63d0c161

02.

Medium bc8275251640cb80dbfbfda8bcbb4fd982a8139b

03.

Medium 9f73309bdeefedf736409f3e0dcc449a5654f403

04.

Medium c7d6cb860fad10d00cdce10b7182e7af7ec8e4c2

05.

Medium 2144d8bbf9fbfc057c68d39437b68d902aa279f0

06.

Medium 71f6c1979f7fc4df3192a71a8c0ebe96e4c91339

07.

Medium 992295c9a3a8eece258bfd641b0a9533a9d45509

08.

Medium bdacecc3494f66c5b02aafe514a97e69dd422e3f

正解はこちら。

01.環八にカンパチ
02.タイヤに登りタイヤ
03.華やかな鼻
04.ナイスな椅子
05.アイスを愛す
06.ワインに弱いんです
07.肉が憎む
08.モヤシを燃やして

ちなみに彼らは、ニューヨークでの展示会を最終ゴールに設定し、「Exhibition Tour」を開催中。ダジャレを知らないニューヨーカーに、果たして「DAJAART」は通用するのか?そんな壮大なチャレンジが、今後も続いていきそうです。

Licensed material used with permission by DAJAART
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
私たちの多くがイメージするものとは、あまりにかけ離れたジャングルジムを本場(?)アメリカで発見。そのビジュアルは、もはやアートと言っていいほどデザイン性に...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
海底にある美術館?海底に沈む人工リーフを使用して、海底美術館を創る男をご存知だろうか?アメリカのトレンドを伝えるメディアLIFEBUZZ で取り上げられ話...