初めて「ひとり暮らし」をしてわかった14のこと

誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれませんが、案外ひとりでもやっていける、ということを「Elite Daily」のライターIzabella Zaydenburgさんが綴っています。

すでにひとり暮らしをしている人は、読んで納得。これから挑むひとには役立つ「ひとり暮らしをして学んだ14のこと」をご紹介!

01.
「のんびり」するときも
自分のペースで

Medium 103fc928f64eeb5e9dc1d8aaee599d655ca3e5f3

なんにも予定がない日は、気の向くままにのんびりと。誰に邪魔されるわけでもなく、自分だけの時間を過ごせます。

02.
静かな夜もけっこう快適

実家やルームシェアだと、ついつい遅くまでおしゃべりして夜更かし…なんてこともあるのでは?ひとり暮らしでしか体験できない「静かなひととき」は、けっこうクセになるかも。

03.
何も気にせず朝まで飲める

Medium d1fd161f92dcc8bbd60278ad26c72abddd60cfbd

朝4時に帰ったら、物音で家族のみんなを起こしちゃう...なんて気遣う必要もありません。

04.
ひとりで
「悲しみ」に浸れる

落ち込んだとき、誰かがそばにいてくれるのはありがたいけど、ひとりでいたいときもあるはず。誰かに何か言われることなく、思いっきり泣いて気分を晴らすことだって「ひとり暮らし」ならできるんです。

05.
自然と掃除や片付けが
できるようになる

Medium 8ea850601b5e7dc39e43feb85d3d8a411ab52e36

あなたがやらなければ、誰も掃除なんてしてくれません。たまにゴミ屋敷まっしぐらな人もいますが、ほとんどの人は「しっかり自分で片付けよう」という意識が芽生えるでしょう。

06.
ゴキブリごときでは
騒がなくなる

ひとりで暮らすと、泣きつける相手がいません。ゴキブリが出てきても、自分の手で殺虫剤を振りまいて、なんとかするしかないんです。

07.
思った以上に気楽

Medium a606a66c07ede2985455d1cd42ed21422aa9996a

出かけるのが面倒になってしまうくらい、ひとりの時間もいいものです。

08.
何をしても
怒られないけど…

豚肉のパックを開けたいけど、キッチンバサミが見つからない…。そんなとき、眉用のハサミを使ったって、誰も怒る人はいません。

09.
部屋づくりって楽しい!

Medium cdb81ce77272ccf9a4ba3b69ef5d5c5f2a3b99c2

インテリア選びには、その人のセンスが滲み出るもの。居心地のいいスペースを作ろうと工夫すればするほど、少しずつ自分のスタイルが見つかってきて、だんだんとハマっていくでしょう。

10.
自分と向き合える

ひとりの時間は、自分を見つめなおす時間です。自分のことを知り、もっと大切にできるようになるはず。

11.
自分ルールができる

Medium d682b0255738c960c6843500c6a7fee8c2c607f4

たとえばシーツを洗う頻度。あなたは、毎週洗う派?それとも半年くらい放置する派?

12.
あまり外出しなくなる

実家暮らしのときは友だちと遊ぶのが楽しくて、すぐ予定を入れたりして、あんまり家にいなかったのでは?またルームシェアだと、ルームメイトのイベントに行ったりで、外出ばっか...。

でも、ひとり暮らしをすると、おうちが一番ホッとできる場所。だからこそ、なかなか出かけられなくなるんです。

13.
意外と友だちを呼ばない

Medium e0cf788bc7ca3caf38ac7fddff01dacedae7a2be

友だちがいる間は楽しいけど、準備とか、みんなが帰ったあとに片付けなきゃいけないのって、じつは面倒だったり…。

14.
セックスライフは自由

自分だけしかいないから、ちょっとくらいワイルドなことをしたって誰かにバレることはありません。

音量だけ、近所からクレームがこないようにしておきましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
男性も女性も、一度は経験しておくべきこと。それが「ひとり暮らし」なのかもしれません。自由を謳歌する喜びと引き換えに、突然のしかかってくる、責任感。いざひと...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
親元を離れて暮らす、すべての人たちへ。「Lifehack」ライターCasey Imafidon氏が、エールを込めて人生の教訓を説いています。親から離れたく...
仕事が終わって、疲れた体を引きずって、辿り着いたは暗い部屋。一人暮らしはしてるけどただ寝るだけの部屋。「何の為に家賃を払っているのかわからない……」という...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
哲学的なPaul Hudson氏のこの記事は、ある質問から始まります。見落としがちな人生の本質について、恋愛を軸に分かりやすく解説…やっぱり「人間って自分...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
ロバート・ハリス/Robert Harris横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごした...
人生に迷うようなとき、まずは自分の心に耳を傾けられなければ、その先に続く幸せは手に入らない。現代哲学を代表するフリードリヒ・ニーチェは、自分の目を通して現...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
クタクタに疲れてるし、明日の朝が早いのは百も承知。だけどなかなか寝付けない!そんなあなたに紹介したいのがこの14の快眠法。すぐにできるものもあれば長期的に...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
米・テネシー州生まれのダルトン・ロスは、イギリスへ留学することになりました。そこで彼は「僕がいない間、寂しくないように」と、ジョークで家族に自分の等身大パ...