10,000冊の本によって生まれた「文学の川」が幻想的

10月にカナダ・トロントで行われたアート展。とある道路の通行を規制し、約10,000冊の本で埋め尽くしたのは、スペインのLuzinterruptusという集団だ。

それぞれの本には、ぼんやりとした柔らかな光を放つよう加工を。まるで天の川のように幻想的な文学の川が誕生した。

作品の名は、
『Literature vs Traffic』

Medium 016c8d984c28eddaa9881b66de634f069a74c5d1Medium e3e0f6f5f579b55e44c5b5e806ca191cf01750f5Medium 13f0cf9b6c3e4eb098f6f2e5f4430b48e488ec09Medium 338ce5bfc25a6d134867b279939fc027b92de650

目的は、交通量が多く騒音が悩ましい道路を、静かで穏やかな空間へと変えることだそう。

Medium 5b2e82c7c2e94b55bef02a616dc929be37ba6a35Medium 97e7aba7609bc00937f68bd45b46d80d038c744bMedium f9963032bdd32c17cf6f53f1c4f5b78b1dc620d5Medium 48dd2bc9b766cffd300a3c4d64df05a4f1bd0d93

約10,000冊の中から宝物を探すかのように夢中になる参加者が多かったのだとか。

Medium 4c58b90a5f5c7a14ab9c17e59bca08a5f196f4e7Medium dc9c2b3818da271d51df90831b2f7594374e95ccMedium 0b8eb70c77bcf132b96dac44372c3e655e676309Medium 9d2bf2e6f4af69454c94f391261c3139df364a7fMedium 7223381aa64fb9ec14083290126792c6c0063bc5

ちなみに彼らは、以前にもマドリードやニューヨーク、メルボルンでこのインスタレーションを展示済。いつの日か東京でも見てみたいものですね。

Photo by Lola Martínez
Licensed material used with permission by Luzinterruptus
川の印象が、起きたらなぜか鮮明に残っている。夢の中に出てくる川は、人生や運命を暗示します。川べりや川面の状態、登場人物などによって、あなたへのメッセージは...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
ニュースフィードに流れてきた記事タイトルが面白そうで、思わずクリック…という経験は、誰にだってあるはず。そこである本屋さんは、思い付きました。もしもそれを...
突然ですが、「四国の清流は?」と尋ねられたら、あなたはどの川を思い浮かべるでしょうか?きっと、多くの人が四万十川と答えるはずです。 でも、近頃、“日本最後...
2014年に中目黒で開催されたイルミネーション「青の洞窟」が、現在、舞台を渋谷に移して復活中。では、“本家”目黒川はどうなるの?そう思っていたみなさんへ朗...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。見頃を迎えている...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...