いらない服を送って、新品を。サスティナブルな「Aeon Row」

新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったいない…。そんな服でクローゼットがいっぱいになってしまってはいないでしょうか。

ここで紹介する「Aeon Row」は、そんな人にこそ知ってほしい、サスティナブルな提案を持ったショップなんです。

古い服を送って
新しい服へ「つなぐ」

Medium 89c09a87f185ae1bf1ca1eeb5cb67da71e11472b

2016年の7月にできたばかりの「Aeon Row」で取り扱う服は、スタンダードでとてもシンプル。欲しい服をオーダーして手元に届くところまでは、普通のお店と同じです。

ただひとつ違うのは、一緒に送られてきた箱に古い服を入れて送り返すと、次回のオーダーが15%も割引になる、ということ。

捨ててしまったら1円にもならない古い服も、新しい服を買うときのプラスになるなら嬉しいですよね。

すべての服が
リサイクル素材からできている

Medium cdeb3b58650c9d36affd84141c60b5ba069e0f58

ところで、送った古い服はどうなるのか?もちろん捨ててしまうわけではありません。

回収された服は色別に分けられ、使用済みペットボトルをリサイクルしたポリエステルを加え、新しい服へを生まれ変わるのです。そう、Aeon Rowのアイテムは、すべてリサイクル素材から作られているんです。

Tシャツ1枚作るだけで、通常は2,500リットルの水と、150グラムの化学物質が必要になると言われています。Aeon Rowは、これらの消費をゼロにすることが目的。

もちろん、あまりに綺麗でそのまま着られるものは、リサイクルせずそのまま寄付します。

古い服も
生まれ変わって誰かの元へ

Aeon Rowを創業し、このサービスを考えたGriffin Vanzeさんは、もともと海を清掃するNPOに関わっていました。同時にファッションにも興味があり、そのふたつの経験から、エコでサスティナブルな服について考えるようになったそうです。

「古い服を送り返したら割引、というシステムにすれば、みんな服が古くなったときにだけ買い物をするようになるでしょう?私たちは、服と人の関係をより良いものにしていきたいんです」

古い服も、新しく生まれ変わって誰かの手元に届く。自分のところに来た服も、どこかで誰かが着ていた服の素材から作られている。お財布にも環境にも優しいAeon Rowのサービス、これからも注目していきたいですね。

Photo by Karin Dailey
Licensed material used with permission by Aeon Row
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
「人生には、ジーンズよりも心配しないといけないことがたくさんある」記事の中でそう書くのは、ロンドンでファッション関連の仕事をしているLucie Thomp...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
一見何の変哲もない、オシャレな調度品が揃った部屋。じつはこの部屋の家具には、隠された秘密があるんです。キャビネットの上のオブジェを隣に置いて、おもむろに取...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...