赤ワインとダークチョコでつくる「最強のブラウニー」

赤ワインにダークチョコ。口に含んで鼻に抜ける香りをしみじみ味わえば、どちらも至福のひとときをもたらしてくれます。もともと好相性なこのふたつですが、ここ数年ブームの兆しがみえるホットチョコレートワインのように、一度に両方のいいとこ取りをした味わい方まで登場。

でも、それよりさらに上をいく、ダークチョコと赤ワインのおいしい組み合わせがありました。

焼きたてのその香りは、
まさしく天国のよう。
米で話題の赤ワインブラウニー

もしも、天国になにがしかの香りが存在するとしたら、間違いなくそれは焼きたての赤ワインブラウニーをオーブンから取り出したときの芳香だろう──

なんて、大げさに表現するのはアイデアレシピが満載の「Country Living」。フードブロガーA Cookie Named Desireの赤ワイン入りブラウニーを、真っ先に紹介したのがこのサイト。これを目にした人たち実際につくったブラウニーが次々とSNSにアップされ、いつしか大きなうねりに。

赤ワイン漬のクランベリーと
ねっとり、もったり感の共演

つくり方はいたって簡単。
と言うより、ほとんど普通のブラウニーと変わりはありません。A Cookie Named Desireのレシピによると、赤ワインはクランベリーを漬け込むために使うそう。

ボウルに180ml赤ワインを用意します。おすすめは重厚感のあるフルボディタイプだそう。そこにクランベリーを入れて30分から1時間。クランベリーの表面が膨れてぶっくりしてきたら準備完了。

あとは、ブラウニーミックス(ここでは説明のため簡単に)のなかにワインごとクランベリーを入れてよく混ぜ、熱したオーブンで焼いていくだけ。残りのワインをゆっくり楽しみながら完成を待ちましょう。

この赤ワインブラウニーのムーブメント、きっと近いうちに日本にもやってくるはず。今からマスターしておけば、来年のバレンタインデーにはバッチリ。詳しいレシピが必要な人はこちらからどうぞ。

ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。そこで、糖分が含まれている甘いチ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
食べながら痩せられる。歌手のアデルやモデルのジョディー・キッドらから火が付き、イギリスで大注目の新ダイエットメソッドがあります。食べる量を減らす必要なく、...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...