難病を克服した日本人ダンサーが、全米初のプロ「車いす社交ダンス・カンパニー」設立

健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少なくない「車いす社交ダンス」を、アメリカで初めてプロ化し、ダンスカンパニーを設立した日本人女性がいる。

彼女自身もまた、手足の自由を奪われた経験を持つダンサーだ。

車いすの上であろうと
ダンスは自分を表現できる。

Medium 9b115d74de98232eae1ef51b65f8e2ad47c2b61a6e4ba8a0505fbf1ee226b166e48ea5b5e411f166

ダンサーとして、振付師として幅広く活躍する浜本まり紗さんは、2015年3月、アメリカで初となるプロの車いす社交ダンスカンパニー「Infinite Flow」をLAで立ち上げた。モットーは、「あなたを支えるのが2本の足であろうと、2つのタイヤであろうと、ダンスを楽しむことはできる」。

それが車いすの上であったとしても、踊りを介して誰もが自己表現することができる。その魅力は健常者だけのものじゃない。健常者と車いすのダンサーがペアとなり、息を合わせることでひとつの踊りをつくりあげ、魅せるパフォーマンスを体現するのがこのカンパニーだ。

浜本さんの狙いはダンスのパワーを、障害をもつ多くの人たちにも広く知ってもらうことにもある。それは、一度は夢をあきらめかけ、二度とダンスを踊れないかもしれない難病に、彼女自身が打ち勝ってきた体験に基づいている。彼女を突き動かしている原動力だ。

 

※浜本さんのパートナーを務める、車いすボディービルダーのアデルフォ・セラミ・ジュニア氏をはじめ、Infinite Flowのパフォーマンスを収めた動画。

突然の病、手足の感覚を失った。
でも、ダンスのない人生は
考えられなかった。

米国育ちで、6歳からクラシックバレエを習い、16歳で「キーロフ・バレエ・アカデミー」に合格した浜本さんだったが、ハイレベルのレッスンに挫折を味わう。そしてダンスを断念。だが、慶應義塾大学へ進学後もダンスが頭から離れることはなかった。

やがて、コンテンポラリーへと新たなダンスの挑戦を始めた浜本さんは、バレエで培ったセンスを遺憾なく発揮し、ダンサーとして日本で数多くの舞台に立つ。ところが、順風満帆に思えた2006年、病気が彼女を襲う。

神経系の病気である「脊髄梗塞」に襲われ、突如首から下の機能を失った浜本さん。体の感覚が失われ、手足がマヒし、寝たきりの状態がつづいた。「特効薬がない。再び歩くことは難しいかもしれない」、そう医師から告げられても、彼女は必ずまた踊ることができると強く自分に言い聞かせていたそう。

「たとえ歩けなくても、車いすでもダンスはできる」。彼女にダンスのない人生は考えられなかった。日々のリハビリに耐え、医師が「奇跡」と驚く回復ぶりをみせた浜本さん。入院からわずか2ヶ月ほどで歩けるようになり退院。

それでも、 いつまた再発するかもしれぬ不安からPTSDに襲われ、精神的な回復には3年かかったという。

社交ダンスとの出会いが
人生を変えた。

Medium b1586e89202c0313ac63196885593e597c1a2be4

ある日、とあるイベントで世代を超えた人々が手を取り合い、楽しそうに踊るサルサを目にし、彼女の止まっていた時計が再び動き出した。

これまでバレエやコンテンポラリーダンサーとして、ずっと一人きりで踊りつづけてきた。けれど、パートナーと心を合わせて踊るダンスには、「さまざまな障壁を打ち破るパワーがあった」と浜本さん。

そうして社交ダンス、サルサ、タンゴなどパートナーダンスを専門に、インストラクターとしての資格を取得。社交ダンスと出会ってから5年、ついにはLAを拠点に活動するプロのダンサーに。

この頃もうひとつ、彼女に新たな夢が芽生えていた。障害をもつ人たちにもダンスのパワー、魅力を知ってもらいたい。Infinite Flow創設はここから始まった。

車いすダンスの表現力で
社会の目を変えたい。

Medium dfd39eb9e8181b17e21890a6e944062c85840c70Medium ea2d99faacb77c619da88dac748fedf841698947Medium 272f23fdbf670ec782e5112472243151901d25b0

体に障害があることで、つねに悲観していたり、自らの創造性を疑ってしまっているような人たちにこそ、立ち上がってもらいたい。浜本さんはいま、車いす社交ダンスを通じて、社会をリードするチームづくりに本気で取り組んでいる。

アメリカでの認知度はまだ低いものの、カンパニー所属のダンサーは徐々に増え、地域に密着した車いすダンスのクラスやワークショップ、イベントでのパフォーマンス、さらにはテレビ出演や撮影の機会も増えているという。

健常者と障害者の壁を、車いすダンスを通じて打ち破る。浜本さんのカンパニーは、いつしかダンスパフォーマンスだけでなく、同じ車いすの上で生活する多くの人たちを鼓舞する存在になり始めているのかもしれない。

Licensed material used with permission by Infinite Flow - A Wheelchair Dance Company, Marisa Hamamoto
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
レモネードを売って、途上国に車いすを送るアメリカの夏の風物詩、子供達によるレモネードスタンド。手作りのレモネードやお菓子などを家の前で売るのだが、お小遣い...
フランス人の双子 (一卵性双生児)、ラリーとロランによるヒップ・ホップダンスデュオ「Les Twins(レ・ツインズ)」。彼らを知っている人も知らない人も...
存在や信念と戦い、血と魂で踊るダンスストリートカルチャー、ブラックカルチャーが好きな人にとって、このダンスバトルに血が騒がない人はいない!暴力と抗争を解消...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
アメリカ、ブリガムヤング大学のアカペラグループ「Vocal Point 」が、90年代のミュージカルを土台にした、超かっこいいミュージックビデオを制作した...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
場所はとあるショッピングモール。そこで銅像に扮する男性に、謎の少年がダンスバトルを挑む!日本でダンスバトルというとヒップホップを思い浮かべる人が多いかもし...
人前で踊ることにはちょっと抵抗がある…なんて人に、是非とも知ってもらいたい情報が。恥ずかしさや臆病心にどこかに踏ん切りをつけることができれば、ダンスはただ...
動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
コレぞまさに「A to Z」!ロサンゼルスで撮影された最高にヒップなダンス映像がヤバい!DIESELジーンズのコマーシャルとして撮影された映像は、そのファ...
ダンスに合わせて腰を振る。セクシーなスタイルはさまざま。なかでも、いま全米で空前のブームとなっているダンスが「twerk(トゥワーク)」です。これ、知らな...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
全米の超人気ダンス番組「アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー」で、史上最高レベルとの呼び声高いパフォーマンスを披露し、いまや振付師、総合演出家としても活躍す...
ワルツを踊る男女。ゆったりとアクロバティックなダンスを踊っているその場所は、なんとビルの側面・・・。GoProで撮影された危険なWaltzはその危険なステ...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
学校の授業でも必須科目になっているダンスですが、いま大人の習い事としても人気上昇中だとか。確かに、さりげなく踊れたら楽しいし、かっこいいですよね。でもそれ...
何だ・・・このダンスは。謎の青年がダンスバトルで見せた「新しいジャンル」の動きが今世界中で話題になっている!斬新すぎてちょっと奇妙な動きではあるけれど、そ...