女性社員だけが「14時38分」に一斉退社したアイスランドで何が起こっていたのか?

アイスランドで先月24日、会社に勤務する女性たちが一斉に退社するという珍事が発生しました。まるで童話『ハーメルンの笛吹き男』のようなこの話、女性社員だけが同時刻に、しかも一斉退社。

でも、彼女たちが笛の音を聞いたわけでも、暗示にかかったわけでもありません。それぞれが自らの意志で行動し、そして向かった先は。

向かった先は、
女性だけのデモ集会

職場を離れた彼女たちは、町中で行われた抗議集会にプラカードを持って繰り出しました。じつはこれ、アイスランドにおける男女間の賃金格差に抗議するため、労働組合などが主催して全国で行われた集会。

ビルの一室から撮影したSalka Sól Eyfeldさんの映像がこちら。賃金の平等を訴え、無数の女性たちがシュプレヒコールを挙げている様子がよくわかります。

 

14時38分退社に
込められた想い

さて、今回の大掛かりなデモを企画し、謎の退社を呼びかけたのは「Kvennafrí」という団体。

女性の賃金は男性に比べ29.7%低いという欧州統計局の発表を受け、8時間の労働時間から女性たちが実質“タダ働き”となる、29.7%分を差し引いた時間で退社しよう!とFacebookでメッセージング。

一般的な企業が終業を迎える、17時から遡って2時間22分前にあたる「14時38分」ちょうどに退社したという訳でした。

先日、世界経済フォーラム(WEF)が発表した「ジェンダーギャップ2016」において、2年連続で世界1位となった同国でしたが、労働賃金においては男女の格差にまだ溝があるとする、女性たちからの強烈なメッセージとなりました。

さらに、このギャップが均等になるには、「あと52年はかかる見通し」とする政府の試算に、女性たちも黙っていられなかった、というのが本音でしょう。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2016/11/10 16:00)

アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
フォトグラファーのジュリアン・レイテル氏が撮影したのは、凍結した火山の内部にあった秘密の絶景だ。これまでも写真家・冒険家として様々な火山の内部や雪山など、...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
クタクタに疲れてるし、明日の朝が早いのは百も承知。だけどなかなか寝付けない!そんなあなたに紹介したいのがこの14の快眠法。すぐにできるものもあれば長期的に...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
男女による賃金格差が完全になくなるには、あと118年待たなければならない。「世界経済フォーラム(WEF)」が発表した最新の報告書はこう伝えている。ひ孫の代...
去る3月8日の国際女性デー、アフガニスタンで行われたあるデモが世界で話題を呼んでいる。なぜかと言えば・・・①女性への性差別と地位向上を訴えたのは男性たちだ...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
たった「75ドル」で買った車を38年間乗り続けている男性車を購入する費用といったら、一体いくらを想像するだろう。とは言え、車なのでどれだけ安くても数十万円...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
Jen Glantzは、最近お目当ての男性が海外に行ってしまうと聞いて居ても立ってもいられなくなり衝動的に告白。遠距離恋愛もなんのその!と気合十分で望みま...