誰かに何かを言われても、気にすることはない「6つのこと」

せっかく前向きだったのに、周りからのちょっとした指摘に影響されてテンションが下がることってありますね。感情はあなたの気持ちを表すもの。周りの反応なんて、そんなに気にすることなんてないんです。

もっと胸を張って自分らしくいるために、「Higher Perspective」から、誰かになにか言われても気にする必要はない6つのこと、を紹介します。

01.
自分の「本当の」気持ち

Medium 05c4b5d87eb17d395e86aef397144e12ac02339e

感情的になる人は「弱い」と思われがち。だけど、誰も受け入れてくれないかもしれないのに、自分の気持ちをオープンにできるなんて、相当な強者です。だからあなたも、自分の気持ちを隠す必要はないのです。

自分を偽ってる人よりも、そのほうが勇気のあることだと思いませんか?

02.
大切な友だちと
過ごす時間

友だちと遊びに出かけようとするだけで、不機嫌になる恋人…心当たりはありますか?そんなに束縛される関係なら、考え直したほうがいいでしょう。

大切な友だちと会う度に、「自分が悪いかも」なんて遠慮したり落ち込むなんて、おかしいことなんです。

03.
あなたの仕事が
地味だとしても…

Medium 22729f45a8ea092818b4b7fb992764b55c1960ff

みんながみんな、華やかな表舞台で働いてるわけではありません。だからといって、輝かしい仕事をしてるから偉い、ってワケでもないでしょう。

世間的にはちょっと地味に見える仕事だとしても、一生懸命働いて自立してるなら、十分に立派なことなんです。

04.
相手を「許す」
やさしさ

「あんなにヒドイことをされたんだから、仲直りすることなんかないよ!」と、あなたのことを思ってアドバイスをしてくれる友だち。

だけど、相手を許すことで前に進めることもあるんです。周りに言われたからって、相手を嫌いになるかどうかは自分次第です。

05.
未来への夢を
語ること

Medium 27061367d1228fc20b41590b88b44ad6fce8b5a7

大きな夢を語ると、バカにされることもしばしば…。それでも、あなたが希望を持たなければ、誰かが代わりに夢をいただいてくれることなんてありません。

どうせなら夢を実現して、みんなの憧れの存在になるくらいの気持ちを持ちましょう。

06.
記憶から消し去りたい
「過去」

どれだけ恥ずかしい過去があったとしても、その過去があってこその「今」。そのことだけは、忘れないでいてください。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「自信」は、生まれ持った特徴だと思われがちですが、じつは練習を重ねていくことで誰もが身に付けられるものです。米メディア「I Heart Intellige...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
2016年2月23日に公開されたこちらの動画は、若者を対象に行われたある実験の様子を撮影したもの。彼らにはこんな質問が投げかけられました。「もっと強く、大...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
光り輝く個性やユーモア。高い知性に美しいスタイルなど、女性を魅力的にみせる要素は、たくさんあります。でも、内面から溢れ出る「自信」に敵うものはありません。...
自分に自信が持てなくて人前でオドオドしてしまう、自分の意見が言えなくて嫌になる・・・いつも堂々として、ハキハキと自分の意見を言っている同僚を見ると落ち込ん...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
25歳は、ちょっと特別な年齢。社会に出て3年経った人にとっては、仕事について考え直す時期かもしれない。または、結婚や30代に向けての人生プランを求められる...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
あくまで、アメリカにおける20代、30代の恋愛観を前提にした、こちらの記事。ですが、ライターPhoebe Parsons氏が主張する通り、恋愛においてあれ...