イルミネーション「青の洞窟」が2年ぶりに復活

2年前に開催され好評を博したイルミネーションイベントが、待望の復活。とはいえ、今回の舞台は中目黒ではなく渋谷。代々木公園ケヤキ並木〜渋谷公園通りの約750メートル区間に、スケールアップした「青の洞窟」が登場します!

見たことのない渋谷が出現

Medium c7aa2b7d3d4d594bcbb094c94b70227df3596d5e

2014年のインパクトがあまりにも強烈なものだっただけに、昨年開催されなかったことを残念に思った人は決して少なくないはず。でも、2年の“充電期間”を経ての復活というかたちは、結果的により注目度を高めることになりそうです。

個人的な興味は、全長750メートルのうち、代々木公園側と公園通り側で異なる印象を受けられるのではないかということ。前者は周囲が暗いためかなり青が映える、ただし後者についてはショップが立ち並ぶ明るい通りのため、青だけでなく色々な色の光に照らされるのでは?と期待しています。

いずれにせよ、これまでに見たことのない渋谷が出現することは間違いありません。期間は11月22日(火)~1月9日(月・祝)。ぜひ、大切な人と一緒に行ってみては?

【概要】
・開催期間:11月22日(火)~1月9日(月・祝)
・点灯時間:17:00~23:00 ※日によって変更となる場合あり
・開催場所:代々木公園ケヤキ並木~渋谷公園通り
・アクセス:渋谷駅・原宿駅・明治神宮前駅・代々木公園駅・代々木八幡駅

Licensed material used with permission by 青の洞窟
Photo by Yuki Naruse青い海、白いパラソル、カラフルな建物、地中海の香り。新鮮な魚介料理を味わえて、オシャレな海辺のカフェはリラクシンな...
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
地形を活かしたイルミネーションは、日本全国各地にありますが、これほど起伏に富んだ場所での演出は、まずお目にかかれない。日本の原風景とLEDのきらめきのコラ...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
2015年11月20日(金)より『目黒川みんなのイルミネーション2015』が開催予定。春には桜で満開になる目黒川沿いに、21万球以上のLEDで彩る“冬の桜...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコ...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。しかし、...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
ペットユーザーがSNSに投稿する愛犬・猫写真は、日本のみならず世界でも超がつく大人気ぶり。とくに2016年は“愛猫アカウント元年”と呼べるほどに、ご自慢の...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
青い海を求めて沖縄へ行きたい。最近だと角島(山口県)も良さそう。でも、どれだけLCCが充実しようと、関東の人にとってあの距離はやっぱりパワーを使う。最低で...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...