この写真に隠された「自然の魅力」に気づけますか?

中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。分かります?

この3枚の風景写真
どこか違和感に気付く?

576429f3a6ee2d3cbe66cdbfe5963e565e90e45d12cdf21aec0a8654a9242746d2fc82f897ffbe056ce9f1dd7f7cdf88dcb20fdc8b62143df34edf57

じつはこの3枚、水面に映った風景を天地逆さまにしたものなんです。いわゆる「逆さ富士」状態。どっちが水面でどっちが本物の風景か、一瞬では見分けがつきませんよね。

風が止む、
その瞬間をじっと待つ

ポーランド人フォトグラファーのMikolaj Gospodarekは、空間と静寂を愛する風景写真家。風がぴたっとやんだ瞬間の湖に映し出される木々や山の表情に魅了され、そんな景色ばかりをもう15年間も撮り続けているそうです。

木立を渡る風がふっと止む、その一瞬のときを、ただじっと何時間も待つことも。そうやって撮影されたのがこれら(もちろん今度は逆さまじゃありません)。

天地を逆にしたって分からない、水面の静けさが起こす、奇跡の一瞬をどうぞ。

ここからは、
美しい湖畔の風景を

B22b58f1fbc27182b24e493ca6c40cbb7c10a638C9284aaa718c7da874af574621ca013a938466813f788ace41670ab9b3709298d583c01db63993caDe51cdf74d6528cf3bacb942efebf7eb2344af8e55b93662a0b3a8e3e9f2eac66b12347198ef116dDfb1ad0f379447a7f805fd08f7608964bb23ce87B4e24627c47ea4b8e520fab505f62a537d5c4a7dCa07dc13cb9fab3f26c3849edb3e95c68a1b1014Cf4d3f49447ec3131e35e6c4528230ae33191c46Bdac73cb118d15c9c4b9ad17eb43d439ca96c39bAe6d0813227669d4f8d226fc70ad2e1ba671878923a36f93f7d28359e5634885d1790f886292fc5c60ee8a1eb82ab2ce424060c3b3298685fe917e59E0a32dfb694d079488f44eb98458f228388f787579455cacaef591882241a28355a2a2a09e2b243dD8e6e1bceddd3c5d0b1dbb888d1685b555dccd26

ドイツ、イタリア、スロバキア、ノルウェー、ポーランド、オーストリア、チェコで撮影された四季折々、静寂の湖。写真から漂ってくる空気感を想像してほしくて、それぞれの場所の説明はあえて省きました。

Licensed material used with permission by Gospodarek Photography
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
美しく咲いては散っていく桜のように、ひとときしか鑑賞することができないからこそ儚い、ホタルーー。今年は例年よりも1〜2週間ほど「ホタル前線」の北上が早く、...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...