ステレオタイプをぶち壊す「理系好き女の子」のための服

男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。ジェンダー不要論が出るのも当然でしょうが、このママたちの考えは、女の子の創造力や可能性を限定させないことに重きを置いていたようです。

ピンクのシャツにロケットや恐竜。これが、シアトルのJenifferママとMalorieママが始めたブランド「BuddingSTEM」。

女の子だって恐竜やロケットが好き
なのに、売り場にないのはナゼ?

Medium e86d55f1489fcd7ea6ea32a99e48ce852f9cc6ba

まずは、このアパレルブランドを立ち上げるきっかけをつくった二人のママの実体験から紹介します。

Jenifferママ

3年前のハロウィン、当時4歳だったJenifferの娘さんは、宇宙飛行士の仮装をしたいと答えました。二人でコスチュームをカタログを取り寄せて見てみると、どれも男の子のが衣装を着ている写真ばかり。小さな女の子は「ママ、宇宙に行けるのは男の子だけなんだね」。それからというもの、娘さんは宇宙飛行士の仮装をしたいと言わなくなったんだそう。

Malorieママの話

ある年のクリスマス、娘がサンタクロースに宛てたリクエストの手紙に「電車のプリントが入ったパンツ」とあるのを目にしたMalorieママ。子供服売り場を見渡しても、もっぱらそれらが男の子用しかない現実に落胆したと言います。

Medium de52c479e942cfbdf339f37a40bf12b6f86579c0

同じフラストレーションを共有したママ二人が、手を取り合うのに時間はかからなかった、と「Huffingtong Post」は伝えています。

女の子らしく振舞おうとすることと、彼女たちの興味を閉ざしてしまうこと、そのどちらかを選ばなきゃいけないなんて、今の時代にまったくマッチしない考え方だとママたち。

子どもだって、大人と同じように着るもので自分を表現できるし、好きなこと、興味のあることの話しをするように、洋服が表現手段のひとつである世の中であってほしい。

それには…。

自分たちでオリジナルのブランドをつくるしかない!

ステレオタイプに囚われない
すべての子どものための服

Medium 5c1d1dfe38150ef978c3f8592889df15682ec5eb

こうして、「サイエンス、宇宙、恐竜、電車…が大好きな女の子たちのための」アパレルブランドBuddingSTEMは誕生しました。

電車やロケットが男の子のモチーフである必要はない。もちろん逆を言えば花柄だってハートだって女の子限定とは限らない。ステレオタイプなジェンダーイメージのマーケットとは別の視点で、ものづくりに挑んだ結果、目標額を大幅に超える資金が二人の元へ。

「幼少期の子供服は、子どもたちの認知や好奇心の形成に大きな影響を与えます。サイエンスに興味のある女の子のためにも、こうした服をつくることは重要だと信じています」。

実際スタートしてみたところ、同じママたちからの共感、リクエストの多さに驚いた。とJenifferママ。

子どもの可能性を広げる
選べる自由と楽しさを

Medium 3e0d350a9266b671a8a7c58d648da673b6f4aa83Medium 9b2f74be4dbea94dc3cb2eba1b1b804d8386fc95

Tシャツ、レギンス、ワンピース、ロンパースなどが中心の衣類。モチーフはロケット、飛行機、電車、恐竜、ホタル、カエルとバラエティも豊富。オンラインショッピングでは、残念ながら現時点では日本への出荷はないみたい。

ガーリーなロゴや、お姫様チック、ピンク推しがメインストリームの現状に、違和感を感じる人たちが増えいる。少なくともアメリカはそのようです。子供服売り場の多様性がどんどん広がっていくって、ひとりの親としても楽しくなってしまうトピックスでした。

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by buddingSTEM/Christy Kinskey, Facebook, Twitter, Instagram
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
母:「ねえデイジー、この服なんてどう?」娘:「見てママ、これってヘンじゃない?」イギリス南部に暮らすデイジー・エドモンドちゃんは、この日母親とともに近所の...
「女の子らしい仕草」は人によってこんなに違った!あらゆる年代の女性に「女の子らしく走ってみて下さい」と聞いてみる。すると、どうだろう。大人は判を押したよう...
見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。「Undress Me」は、初めて会った者同士が「服を脱がせあう」と、どうなるかを映像化した作...
見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。「Undress Me」は、初めて会った者同士が「服を脱がせあう」と、どうなるかを映像化した作...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
一般的に奥手なイメージがある理系男子の恋愛傾向について、まとめました。意中の男性が、恋愛に対して消極的なタイプという人は、ぜひ参考に!1.討論のできる女性...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
ボロボロの服、ぐしゃぐしゃの髪、背中を丸めた老婆が演奏する音色に人々は・・・。Reference:Natalie: Iconic Melbourne Pi...
先週、毎年恒例となったニューヨークファッションウィークがリンカーンセンター特設会場で開催された。”ファッションウィーク”とは、世界のファッション先進5大都...
気になるあの人が理系男子・・・。理系男子と接した経験があまりない場合、彼が何を考えているのか、どんな彼氏になりそうか、行動からはなかなか読み取れないかもし...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
理系女子を指す「リケジョ」という言葉。最近、よく耳にしますよね。颯爽としていて、知的なイメージ。でも、いわゆる「女子」の一面が垣間見えることも当然あります...
最近よく耳にする「リケ女」と呼ばれる理系女子。ここでは、そんな彼女たちの恋愛傾向を紹介します。当然のことながら、これらはすべての「リケ女」に当てはまるわけ...
もし、目の前で激しいケンカが始まったら、あなたならどうするでしょうか?人を呼んだり、間に割って入ることもあるかもしれません。が、きっとこんな斬新なアイデア...
ダブステップダンスを踊る少女が遂に出現・・・!世界で話題を巻き起こしている!しかも、う・・・上手い。彼女もまた「Marquese-Scott」に影響を受け...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...