【世界初】アマゾンの熱帯雨林でプロジェクションマッピング

すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは初めて。

ITを積極的に活用する
「スルイ族」

アマゾンの熱帯雨林に投影されるのは、ブラジル北西部に暮らす先住民「スルイ族」の顔。フランスの写真家兼アーティストPhilippe Echarouxが首長から依頼を受けて制作したもので、「アマゾンの木を切り倒すことは、スルイ族を滅ぼすことと同義」というメッセージが込められている。

1c2c4717fbed2604905b1323967e89310205c98aE7d6dbb0a9733a639974b05e5c0e1887ffac4d4aC2cbfb7d869b58e2ad341ef6919d1e19860d194c84fce41ab19d851fa4a36b8600f9c99a81586194C434d81bf0e09d26711c9563752add780c59d31dE0ab0ae5e664395ceea54cdc1db3900d1a83be78D59bab141fd1aec6b8f0407a18b89c71d68c99ff

ところで、もしかするとアマゾンの先住民とプロジェクションマッピングとの組み合わせに、どこか違和感を覚えた人もいるかもしれない。

「Google for Nonprofits」によると、スルイ族は1969年に初めて外部の人間と接触。文明との出会いは疫病や森林破壊のきっかけにもなってしまったが、後々彼らの文化保存を支援することに。熱帯雨林の保護や生活様式を保つ手段として「Google Earth」を用いるなど、ITを積極的に活用している部族なのだとか。

Licensed material used with permission by pays-imaginaire.fr
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
ロシアはサンクトペテルブルクの夜の住宅街。なぜか突然、壁面で狭そうに過ごす人たちの姿が現れたのだ。そこに登場する個性豊かな住人たちは、見ているだけでもアー...
「100 Books to Read in a Lifetime(生きてる間に読んでおきたい100冊の本)」は、アマゾン編集者が投票で選んだ「100冊」の...
とあるギャラリーに飾られた、いくつかの絵画。その中に猿を描いた作品があります。すると突然、額の裏から“こびと”が出現。それに気づいた猿が急に動き出し、彼ら...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...