海の生き物たちが「プラスチックごみを食べてしまう理由」が判明

水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ているという「プラスチックごみ」、海の生き物たちが誤って食べてしまい、深刻な被害をもたらしています。この問題に対し、研究者より新たな事実が明かされました。

誤飲の原因は、見た目よりも
「におい」に問題あり

Medium d382e6eee1378ecd425e9c6da26c9349495a8e38

Animals Eat Ocean Plastic Because it Smells Like Food

これは先日、「ナショナルジオグラフィック」電子版に掲載された記事のタイトル。意訳すれば、(プラスチックごみを食べてしまう理由は、食べ物のにおいがするから)といったところでしょう。

海で生活するあらゆる生き物たちが餌とごみの区別がつかずに、間違えてプラスチックを飲み込んでしまう。誤飲、誤食をくり返すことで、胃などの消化器にごみがたまり続け、やがては餌が食べられずに死んでしまいます。

原因はプラスチックごみの見た目にある。これまで研究者たちが指摘してきた理由です。たとえば、ウミガメがビニールを誤飲してしまうのは、クラゲが浮遊する姿に似ているから、といったように。

ところが、米国科学振興協会のオープンアクセス誌「Science Advances」に発表された研究者たちの調査によると、誤飲の原因は見た目ではなく、そのにおいにあるんだそう。

死に至らしめる
危険な“トラップ”

Medium 46f1257d02d31d2f630a8857c980e1d423bf32b6

おもに海中の藻類は、オキアミの餌となり、これを小魚や海鳥たちが食べるというのが海の生態系。この藻類から発せられる独特な匂いがあるそうです。ジメチルスルフィド(DMS)と呼ばれるこのにおいを頼りに、小魚や海鳥たちが集まってくるというわけ。

ところが、この藻類が繁殖するエリアに集まってくるのは、海鳥や小魚ばかりではありません。海をただようプラスチックごみです。

藻類はこのごみに付着しさらに繁殖。ところが、藻類が死滅した後もDMSのにおいだけは、ごみに付着したままとなる。つまりは、小魚も海鳥も、この“においのトラップ”に引っかかってしまい、漂流するごみを餌と間違って口にしてしまう。これが研究者たちが導き出した答えです。

 

2050年には、
魚とごみの数が逆転!?

海の中の重量だけで比較した場合、このままでは2050年には魚よりもごみの量が上回ってしまうとの予測もあります。

でも、世界経済フォーラムが算出したこの数字には、海の生き物たちの誤飲問題は入っていないことを思うと、いっそう危機感だけが増していくように思えませんか?

「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
北極圏に位置するGreen Land。温暖化によって溶けていく巨大な氷山。この100年でどれだけの氷の大陸が消滅していったのか。特にここ10年ほどを見てみ...