「誰が大統領か、よりも大切なこと」未来を見つめるザッカーバーグ、選挙後の投稿に心打たれる

「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。

アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両陣営の優劣を伝える速報がシーソーのように行き来する様子を、マーク・ザッカーバーグはまもなく1歳になる長女マキシマ(愛称:マックス)とともにテレビで見ていた。

選挙結果を受けて翌日、彼が更新したFacebookには、こんな文言が。

世界を良くしていくために
より一層頑張っていこう

11月10日

昨夜はマックスにとって、生まれて初めての大統領選。この先の人生、きっと何度も選挙の夜を経験するはず。

そんなマックスの様子を見ながら、この子たちが生きる未来のため、社会のために僕たちがやるべきことを、彼女を抱きかかえながらずっと考えていたんだ。

彼らの世代に大切なことは、あらゆる病気を治し、世界のすべての子どもたちが等しく教育を受けて、世界のみんながつながっていて、平等な世の中をつくるために、今の自分たちに何ができるか。

そういう世界をつくりあげるまでの道のりは険しい。もちろん一筋縄ではいかないし、何十年かかかるかもしれない。でも、世界をより良くしていこうとする意志は、誰が大統領になるかなんてことよりも、もっと尊いことじゃないか。

僕たちはみな、世界を良くすることができる。だから、一人ひとりが未来への責任を果たすために、みんなで共に頑張っていこう。 

「未来のためにできることを」

選挙の結果を受け、決してあきらめでも、希望的観測でもなく、いま自分がやるべきことを宣誓したザッカーバーグ。決意表明とも受け取れる彼のメッセージに、「みんなに一致団結を呼びかけている」と米誌Fortuneは報じた。

未来を見つめる男の呼びかけに賛同する多くのコメントが寄せられるなか、こんなメッセージに目が止まった。

マーク、2020年はあなたに投票するつもり

“既成政治のアウトサイダー”と呼ばれたトランプが射止めた大統領の座だ。次に何があっても驚けないはずだ。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正・加筆しています(2016/11/12 09:00)

Reference:Fortune
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
なにかと話題が尽きないFacebook社のザッカーバーグCEOですが、今度はお父さんの発言に人々の関心が集まっているようです。通称ドクター・ザッカーバーグ...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...