お湯に浸けて変形する「プラスチックカード」、どう使うかは閃き次第!

とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人的な感想。でも、そのアイテムが、Indiegogoで目標額の800%を超える出資金を得て、いよいよ商品化へ。

みんな、思ってることは同じ。なんか役に立ちそうなフンイキ。

熱湯でぐにゃぐにゃになる
不思議なプラスチック

Medium d374fc9df7008a9387c6aea460c1e7b96e76b27a505e57b8130f3f909f46e0eca608b71fcf79fa80

イギリスで開発された、この薄いカード状のプラスチック。熱湯に浸けるだけで、たちまちぐにゃ〜んと粘土のように柔らかくなり、自在に形づくることができるというアイテム。「very hot」とだけしか表記されていないため、厳密なお湯の温度までは分からないが。

柔らかくなったところで、好きなように形を変えて(ハサミでだって切れる!)、しばらく置いておくと冷めたあとはカチカチになっている。これがでんぷんをベースにしたバイオプラスチックの性質だ。

一般的にこうした熱可塑(熱すると柔らかくなる)性のある物質には粒状のものが多く、その性質ゆえ、散らかったり、ムダが多かったり、なかには毒性のある物質を使用する場合もある、と「FORMcard」の開発者。

かたやこちらは、でんぷんをベースに開発された非毒性のバイオプラスチック。もちろんキッチンツールと一緒にしまっておいても問題なし。

困ったな…な時こそ
コイツの威力の見せどころ
携帯性も汎用力も◎

Medium b8f7f9985c0a89c17438610526807eda9af0ce48

カードサイズの利点を活かし、お財布やポケットに忍ばせておけば、いつどんな時でもリペアが可能。きっと、さまざまなシーンで「あって良かった」、となるハズ。たとえば、開発者らは、こんなシーンを想定しているようだ。

Medium 6c808745a7d034fb0bdab12778ffd0f257a66ffaMedium 41a3b2045f61b896657d19108f02d1ab049a7caa

ちっちゃいドライバーのグリップエンドを補強したり、

182c51929fd227dd3bfd43d8bcde3da4c8d31bcc

片口スパナが見当たらない、なんてときにも。

では、これが日曜大工の場でのみ活躍するような代物かといえば、さにあらず。もっとデイリーで「あったらいいな」なシーンがあるはず。たとえば…、

Medium ffa628add6c92b9c58933ac02cf1a5d3cd361e71

簡易フックをつくったり、

Medium d6eb509ec9f4619fc223437cb1b3e8d5c7022f92

切れてしまったブラインドカーテンにも、

Medium 11c3cb1c7ac4e89747e3d91da1eafad30a99dbf4

折れた傘のホネを繋ぎとめるものとして、

Medium 51b8546d3c8d061d0ca47c88e565a2e21e942e0a

スマホの車載ホルダーだって急ごしらえできてしまう。使い方はまさしくアイデア次第だ。

そうそう、FORMcardはリユーサブル。お湯に戻せばまた柔らかくなり、何度だって形を整え直すことができるので、少し気に入らなかったり、用途が済んだら、お湯にポンと戻すだけ。他にも数枚混ぜて溶かして使えば、マーブル柄も楽しめる。

Medium ecbe21171be6bad3ec186a3f0c20468efbaedcd9Medium 3d0549537f534596bcb6b91852b625ba21c8b26d

現在、最小ロットは3枚で5ポンド(約673円)。90枚入りだと100ポンド(約13,500円程度)に、それぞれ輸送費がかかる。

イマジネーションを刺激して、あらゆるものをリペアしたくなるFORMcard。どうだろう、いつか何かの役に立つときのため、カードの奥に忍ばせたくなるんじゃない?

Licensed material used with permission by Peter Marigold, FORMcard
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
ファンタジーの金字塔『指輪物語』、『ホビットの冒険』は、世界中に熱狂的なファンがいる作品。小説を元にした映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』も、...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
毎年4月に新しいスケジュール帳を買っている人も多いはず。でも今年は自分で作ってみるのもアリかも?必要なのは好きなノートとペンだけ。わざわざ好みのスケジュー...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
イギリスで2016年9月13日より始まった、新5ポンド札の流通。紙幣に変わるプラスチック製の(合成樹脂幣)ということでも話題になっているけれど、その記念す...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...