坂道もグイグイ登る。電動スケボー「BLINK」の進化がすごい

スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。

でも前に進む力は、すべて人間が地面を蹴る力。だから坂道なんかはとっても大変ですよね。そんな坂道も、グイグイ自力で登っていってしまうスケボーがありました。

30度の傾斜をスイーっと

62b571aeb2d61ed2c4b6aadc8699fd62a6a57ef3Medium 541a0369a16b44a45e5760df1698ce90a66628cc

そのスケボーがこの「BLINK」。一見ちょっとデザインがかっこいいかな?というくらいで、普通のスケボーに見えますよね。でも中身はすごいテクノロジーがたくさん詰め込まれた、最新型の電動スケボーです。

すべてのタイヤに
モーターを内蔵

Afed3d151f093a1062863f62131677394e49d2c6

人を乗せた状態で坂道を登れるパワーの源は、高性能なモーター。フラッグシップモデルの「QU4TRO」では、4つのタイヤすべてにモーターが仕込まれています。タイヤのなかに完全に入ってしまうハブモーター形式を採用しているので、外見からは動力が入っているなんてわからない見た目。さらに回生ブレーキを採用しているので、止まる力をつかって充電もできちゃいます。

最高速度はなんと時速37km!街中なら自動車と並走できるほどのスピードですね。もちろん、転んだらタダでは済まないので、しっかりとプロテクターをつけて乗りたいところです。

3時間の充電で
35km走行可能

Medium a5fe834eef5dcb9197fe8e3991fc6e28e41d160f

電動ならバッテリーも必要だよね、どこにあるの?というのも、もっともな疑問。ボードの裏側に薄いリチウムイオンバッテリーを配置することで、重心の偏りを防ぎつつ大容量を実現しているんです。

バッテリー容量は、3時間の充電で35kmまで走行できるとか。これは片道なら東京から横浜まで行けちゃう距離。もはやスケボーの域を超えています。

手持ちのリモコンで自由自在
アプリとの連携も

コントロールは手に持つリモコン。レバーひとつのカンタン操作で、アクセル・ブレーキが自由自在。さらに専用のアプリと連携して、充電の状態や走行距離なども管理できます。

重量はスケボー全体でおよそ8kgと、持ち運ぶにはやや大変かなといったところですが、トリックをするわけではないと考えれば、ある程度重さがあったほうが走りが安定する、という考え方もありますね。

価格はモーターを4つ搭載した「QU4TRO」が1,099ドル(約11万円)、2つ搭載した「S2」が549ドル(約5万5,000円)、1つのみ搭載の「S」が349ドル(約3万5,000円)。INDIEGOGOでクラウドファンディング中で、達成率は850%を超えるほど。日本にも発送可能とのこと。

Licensed material used with permission by ACTON INC
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
スケボーはストリートやスケボーパークだけのものじゃない!国内でもビッグエアと言えばエクストリームスノーボードの大会が行われていることも有名だが、こちらはそ...
ニューヨーク北部にある農場で暮らしているJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼ...
どんな自転車でも電動アシスト仕様に変えてしまえる、魔法のようなホイールが開発され、いよいよ商品化決定というニュースがアメリカから届きました。自転車業界に革...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。一...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
スケボーの神様、トニー・ホーク氏の神業トリック集、とくとご堪能あれ!「今回やったトリックのうちのいくつかはもう2度とやりたくないね。でも、その全てに愛と誇...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
障がいを抱えながら圧倒的なパフォーマンスで人々を魅了する人物がいます。アメリカ在住のストリートパフォーマー、ビル・シャノン氏。 二本の松葉杖とスケートボー...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。え!?麻繊維と樹脂を使って製造した電動...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?その他、こんなカラーも。まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
旅は、いつだってワクワクするもの。特に、出発日の朝に空港へ向かっているときは、なんともいえない高揚感に包まれる。ただし、ちょっとだけ厄介なのが手荷物。もち...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...