NY州知事が意志表明。「私たちは移民の州です。あなたのために立ち上がります。決して妥協しません」。

11月12日、大統領選挙後の混乱をうけて、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事が自身のSNSに力強いメッセージを投稿し、注目されています。

ニューヨーク州には、この国の先進性の源としての誇りある伝統があり、今日これまでにないほどの重要な意味を持っています。
 
ニューヨーカーとして、私たちはドナルド・トランプが運動を通して示したものとは根本的に異なる哲学を持っています。
 
はっきり言わせてください。もし攻撃されていると感じたら、それが誰であれ自由の女神を港に持つニューヨーク州が避難所です。そのことを知ってほしい。
 
あなたがゲイでも、そうでなくても。イスラム教徒でも、キリスト教徒でも。富裕層、貧困層、黒人、白人、褐色系に関わらず、私たちはニューヨークにいるすべての人を尊重します。
 
これは、私たちが何者であるか、何を信じるかを表す核です。言葉だけではありません。私たちはそう州法に反映させてきました。そして、この国で何が起ころうとも、これからも同じようにそうし続けるのです。移民を攻撃する連邦政府の行動も、私たちの州では許しません。
 
私たちは、移民の州です。
最低賃金を15ドルと法で定めた州です。
家族休暇制(Paid Family Leave)を導入した州です。
平等な結婚を認めた州です。
 
私たちは、ニューヨークです。
あなたのために立ち上がります。決して妥協しません。
 
見ていてください。

11月15日にも同様のメッセージが投稿されました。

ニューヨークの意志表示は、今も消えていません。
 
毎日、私はニューヨーカーたちに驚かされています。逆境の中にある彼らの強さや優しさにです。あれから一週間が経ちました。かつてなく暗い恐怖心に駆られたアメリカ人たちによって、ヘイトスピーチが行われ、事件にもなりました。同時に数え切れないほどの親切な行いも見えました。
 
ニューヨーカーは、憎しみに突き動かされてバラバラになっているのではありません。私たちは一心同体です。私たちは、お互いの違いを恐れません。私たちは、多様性によってもっと強くなれることを知っているのです。
 
幾千もの人々が、希望のメッセージやサポートを伝えるために、情報をシェアし、ユニオン・スクエア駅の壁にポストイットを貼っている。昨日は私の声をそこに加えました。これがニューヨークなのです。
 
この国の進歩の源として、私たちは、9・11と自由の女神、その両方を振り返ります。そして、必要とされるものをすべて受け入れるでしょう。それは変わっていないし、私がオフィスに居る限り変えさせません。
 
私たちの価値や権利のため、アメリカが見据えているもののため、私たちを信じる人々のために、私たちは闘います。そのために、妥協するつもりはありません。

冒頭で紹介した投稿には、9,000件を超える様々なコメントが集まりました。州知事自身の手で駅の壁にポストイットを貼る様子がアップされており、その明確な意思表示にはインパクトがあります。

Reference:Andrew Cuomo
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
ニューヨーク・マンハッタンのすぐ側に位置しているエリス島には、20世紀半ばまで「移民局」がありました。より良い暮らしを求めヨーロッパから多くの人がやってき...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...