インドの著名な宗教家が説く「人生観」。あなたはどう?

世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラジニーシもそのうちのひとり。

インドの宗教家であり神秘思想家でもある彼は、宗教、文化、そして社会から生まれる様々な「タブー」に対しても切り込みました。賛否両論ありながらも1990年にはその人生に幕を閉じましたが、彼の残した言葉の数々は60以上の言語で翻訳されるほど、強い影響力を持っています。

Collective Evolution」のAlexa Ericksonさんがまとめていたので、紹介しましょう。

01.

07f80cb73b4aee0495019224b991bfd4ec93feb6

「愛に境界線も、嫉妬もない。なぜなら愛は所有できるものではないからだ。愛しているから相手を所有できるという考えは醜い。所有するということは、相手を殺し、物として扱うことと同然だろう。所有できるのは、物だけだ。愛とは本来、人間に自由を与えるものである。愛とは自由だ」

02.

「新婚旅行のような気分を持続させよ。相手をより深く知り、相手をどう愛すか、相手と一緒の時を過ごせるかを常に模索するのだ。人間は無数の謎を持つ。『私は彼のことを知っている』『私は彼女のことを知っている』とは、一生言い切れない。『努力はしたが、謎は謎のままだ』と言ったほうが、正確なのである。知れば知るほど、謎は深まるばかり。だから愛は奥深いのだ」

03.

Ec260fa10786dcd45c10f74e3ede55ae9125bf8e

「誰にも頼らずにいられるとき、自分ひとりでも十分なとき、独りでいても幸せを感じられるとき。そういうときこそ愛が手に入る。しかし、手に入ったからといって、相手の愛が本物かどうか、確信は持てない。確かなのは、自分自身の愛が本物かどうかだけなのだ。

相手の気持ちを確かめる必要なんてない。そのような不安を抱いているのであれば、そもそもあなたの愛は本物ではない。そうだろう?なぜ心配する必要があるんだ?愛がある限り、楽しめばいい。愛とはフィクション。人はどちらにしろ、フィクションを必要としているのだ」

04.

「誰かになろうとするな。ありのままのキミこそが最高傑作なのだから。改善することはできない。できるのは、自分を知り、認めてあげることなのだ」

05.

「完璧じゃないからこそ、この世を愛せる。不完全だからこそ、成長する余地がある。もし完璧だったら、死んでいるのも同然。自分に言い聞かせてほしい。僕も、この宇宙も、愛も不完全だと。その不完全さの中に喜びを見つけるのだ」

06.

「意識と知能をもたらし、自発的に行動することができれば、他の宗教など必要ないだろう。その行動さえあれば、人生そのものが宗教となり得るのだ」

07.

A175c582ea7c1dfc2ae9b2cfb05dab7c32ddeee5

「真実とは、発見するものではない。現実の中で気づくものだ」

08.

 「ただ生きてるだけで幸福と言えるのに、生きてることに感謝するべきだと誰からも教わらない。それどころか、悲観して、文句を吐くばかりだ。『お前の生き方は間違っている、正しい生き方はこうだ』と言われて育てられてしまえば、自分の存在価値がないように思えて当然だろう。権力、富、知性、そして何かしらの名誉を得れば、未来は称賛されるのだ。」

09.

「何かを学びたいのであれば、まずは信頼することを学べ。その他に必要なものは特にないだろう。惨めな思いをして、どうしようもないときこそ、信頼することを学べ。人生が何の意味も持たないように思えたときこそ、信頼することを学べ。信頼することで人生に意味が生まれ、周りに心を開けるようになるのだから」

10.

0eb4cab24bd4ba51ad4f917f98b70d72cc29a70d

「心の声を聞け。常に心は、自分にヒントを与えてくれている。しかし、心は決して自分に向かって叫んではくれない。まだ小声だ。少し耳を澄ませてみると、心の声を感じ取れるだろう。

自分らしくあれ。誰かになろうと無理をしなければ、はじめて、人間は大人になることができる。大人になるということは、責任を持って自分という人間になることだ。自分という人間であるために、リスクを負うこと。それが大人になるということなのだ」

11.

「愛も憎しみも欠けてしまえば、すべては明白になる」

12.

「人生とは、静と動のバランスだ」

13.

「愚か者は、他人を笑う。知恵を持つ者は、それを笑う」

14.

985034d0b5f2d1bb1460df3f0023cf1094aaea38

「この世が必要としているのは、過去の阻害から心を浄化することだ。笑いと涙はこれを可能にする。涙は心に潜む苦しみを洗い流し、笑いは心の高揚を解き放つ。両者の美しさに、驚くことだろう」

15.

「幸せを手にいれる秘密を教えよう。何をしようと、過去に動かされるな。未来に惑わされるな。なぜなら過去を変えることはできないし、未来はまだやってきていないからだ。思い出に浸るのも、想像に浸るのも、存在しないものに心を預けてしまっていることと同じだ。目の前にあるものを楽しむ心がすっぽり抜けてしまっている。惨めな思いをするのも無理はない。人生を生きていないわけだから」

Licensed material used with permission by Collective Evolution
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
ブロガーVishnu Subramaniam氏は断言します。この世には、鵜呑みにしてはいけない「7つの嘘」があると。じつは彼、数年前に人生のどん底を経験し...
時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見する...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切な...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
「愛」と聞くと、まずは恋愛のことが思い浮かぶかもしれません。でも、私たちの生活には、恋愛以外にもたくさんの「愛」があふれています。家族や友だちへの愛、仕事...