オバマ大統領、ホワイトハウスを出たあとの新居が決定

次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣れ親しんだホワイトハウスからもそう遠くない、カロラマ地区の歴史ある豪邸だとか。

娘のためにもう数年、
ワシントンの居住が決定

Medium 8eab38ed88acacefb89f61f0b2ccb1b14e5df795

サーシャのためにもう数年、ワシントンに暮らすことにしました。高校の途中で学校を変えるのは、本人にとってもきっとタフだろうから──。

オバマ夫妻がこう決意を固めたのは、次女ナターシャ(愛称:サーシャ)さんが通う高校の卒業まで、まだ2年近くあることから、あと数年はワシントンに残る決意をしたようです。

当初、大統領をリタイアした後の住処はどこに?と、ゴシップまがいの報道がアメリカでは飛び交っていたようですが、ここにきてようやくそれが一つ所に落ち着いた印象、と「Independent Journal Review」は報じています。

1920年代築、
豪邸だけどド派手すぎない家

Medium 8fb1a8cc5644d6f58cd6e7760a3caf6d15a6140dMedium 6e7813a7e2f1ff90c888407009da07b86be98f1bMedium 6f0268825e9d492230ef21f210afd9f183e04f37Medium 1cb90173942c0df4dee9f75bf3e8a2d46b18467c

大理石の長い廊下は、柔らかい日差しが中庭から届く、シックなリビングルームへと続いています。広いキッチンは大理石の天板と木製のフロアのコントラスト。このほか、8つのベッドルームに9つのバスルーム。パティオ風の中庭が気持ちよさそう。

敷地はおよそ1/4エーカー(約4,000平方メートル)というから、大豪邸であることは間違いないでしょう。けれど、近隣のド派手な家々と比較すると、外観は質素そのものだと、地元の不動産会社「McFadden Group」は補足しています。

およそ100年前に建てられた家は、改修工事をされながら、人の手を渡り、大切に使われてきたそうです。私人となったオバマはここから、どんな再出発を図るつもりなんでしょう。

Licensed material used with permission by McFadden Group
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...