星野リゾート 界 熱海で、梅の魅力に触れる「古今梅滞在」はいかが?

現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのはなんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。

そんな時代を越えた梅の魅力に触れる「古今梅滞在」が、星野リゾート 界 熱海で開催。一足先に春気分を味わえそうです。

梅の盆栽を愛でながら
オリジナル梅酒を楽しむ

C0fce385ba9cb6c1823a9af5c4b8275d1b925437

湯上がり処・青海テラスに登場するのは「空中盆栽BAR」。もう名前の時点でインパクト大です。

伊豆山の自然と相模湾を借景に、テラスを床の間に見立ててしつらえられた盆栽を愛でながら、梅酒をゴクリ。漬けあがった梅酒を原酒そのまま瓶詰めした逸品は、地元・富士高砂酒造とコラボレーションしたオリジナル梅酒だとか。

期間:2017年1月28日~2月12日

絶景露天で梅の香りを

Abef219eadb96d8359f41fa4279f95de967214a7

露天風呂「古々比の瀧(こごいのゆ)」では、この時期ならではの梅見風呂を満喫。梅はその香りの強さゆえ、古来から「夜に見るもの」「香りを楽しむもの」とされてきた花。伊豆山の梢に浮かぶ湯に浸かり、じんわりと身体を温めながら、漂う梅香に感覚を研ぎ澄ます湯治なんていかが?

梅の見頃:1月下旬~2月下旬(気候により変動)

C8c8e1ba7886423964951182b35ccc77b44b02ad

そのほかにも、本館最上階に位置する梅の意匠に包まれた「あたみ梅の間 特別室」で、伝統工芸「駿河竹千筋細工」の飾り障子、梅ギャラリー、梅マカロンなど熱海の梅文化に浸るひと時を過ごしたり、

1ebd043864a7431797c413230b98bd964dee3e75

梅をモチーフにした「あたみの梅鍋」で和牛のしゃぶしゃぶを楽しんだり。とにかく梅尽くし!

F66459c4c0933ce3a95deb4a14e2df5f9ecc7fdb

ちなみに熱海は、日本一早咲きの梅が一足早い春を告げる場所。誰もが桜に注目する現代だからこそ、いま一度ひっそりと咲く梅ならではの美を見つめ直すのも粋だと思います。

Licensed material used with permission by 星野リゾート 界 熱海
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
中央アメリカにある「ニカラグア」。近隣のメキシコなどは治安が心配されることも多く、ニカラグアにも同様のイメージを持つ人がいるかもしれません。旅行先の候補と...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...