ビートに合わせて奏でるエアドラム…LA発の「エンタメ系ワークアウト」

大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨エクササイズ事情のキーワードになっているのが、「楽しく体を動かす」こと。そして、女性が一人でも気軽に参加できる「環境づくり」だ。

ちなみに、日本上陸後と同時にブレイクしたこの2つは、いづれもNY発。だが、西海岸だって負けてない。次なるエンタメ系ワークアウトは、間違いなくこの「POUND」だろう。

ワークアウト × エアドラム
音に合わせてビートを刻め!

Medium 52d10de4186642af73f3c5f39ee82b1010922e1a4d2f6681216f5f422cca619a87075e4b6a484de2

ここ数年、LAで話題沸騰中のPOUNDに用いるのは、このドラムスティック。といっても実際に楽器を叩いていてはフィットネスにはならない。ドラムを叩く動きを取り入れ、“エアドラム”とワークアウトを融合させた新感覚のワークアウト、それがPOUNDだ。

もちろん音楽がなければ始まらない。ロックにラップ、ポップス、オールドスクールと、あらゆるジャンルのハイテンションなリズムに合わせて床を叩いたり、スティック同士を打ち鳴らす。それもちゃんとカラダを鍛えながら。

リズム感があるかないかなんて関係なし、大切なのはいかにカラダ全体を動かして、楽しむかにあるのだから。

見た目以上の有酸素運動、
45分間のレッスンで
平均800キロカロリー消費

女性たちが手にしているドラムスティックは、そもそもがPOUND用の特注品。もちろん、一般的なスティックよりもさらに重い設計だ。これがハードな理由?そう解釈するのは早計。

重さよりもむしろ、ひたすらエアドラムしまくる45分間が“良い運動になる”らしい。有酸素運動をキープし続けることになるからだ。1回のレッスンで消費するカロリーは平均800キロカロリーほど。これは体重52kgの女性が、2時間40分ランニングするのと等しい運動量だというから、いかにこちらがタフかが分かるはず。

一説には、1レッスンで10,000回以上スティックを叩くとか。マジ!?

日本上陸間近!?
DVDで先取りもアリ

Medium 16ae19fc9a774baf4c52da0d42ac4fb5e3ceac55

アゲアゲな曲に合わせて一心不乱にビートを刻んでいく。それも、二の腕だけでなく、カラダをひねる動きから、腹筋、背筋、全身をくまなくシェイプアップできるのだから。音に乗る楽しみもプラスされ、ストレス発散にも良いに決まってる。

2011年のスタート以来、全米ですでに8,000人近いインストラクターを排出していることからも、近いうちに間違いなく日本にも上陸してくるはず。

その前に、“さわり”だけでも体感したい人のため、ワークアウトDVD(5枚)とスティックがセットになった「スターターキット(約9,900円)」もオンラインで購入可能だ。

Licensed material used with permission by POUND
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie H...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...