『君の名は。』のワンシーンを、夜空のシアターで楽しもう

映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコラボレーションなんて、気になるに決まってます。

あなたのメッセージを
流れ星として投影

F2ba49cc30582f8b7909037cb71d0ed066f96a9e

昨年に引き続き、東京シティビューで開催される「星空のイルミネーション」は、プラネタリウムやプロジェクションマッピングを用いて輝く星を再現し、夜景とあわせて楽しめるイベント。今年は、あなたがスマホで送るメッセージが流れ星として映し出されるなど、『君の名は。』とのコラボレーションも実現し、映画のワンシーンを夜空のシアターで楽しめるなど、スペシャルな演出を行います。

ロマンチックはまだまだ続く

8396ce876bc456fd4e4c7c2247917aacb07c68db

そのほかにも、360°満天の星に取り囲まれ、まるで宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥る空間が広がる「全方位型プラネタリウム“MEGASTAR”」や、

1c8d839039e788011d11c786c144fa4f8f7ee646

最新の観測データを元に再現された膨大な星のきらめきが、立体的に空間に浮かび上がる「3D SKY WALK」も登場。まるで宇宙を散歩しているかのような感覚が楽しめるそう。

8a87b69683f1de8836bdf60a9739c2d2341b48af

期間は11月23日(水・祝)から2017年1月29日(日)まで。星空づくしのロマンチックな夜を大切な人と一緒に過ごしてみては?

【開催概要】
HUAWEI presents 星空のイルミネーション
・期間:2016年11月23日(水・祝)~ 2017年1月29日(日)
・会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
・営業時間:平日および休日/10:00〜23:00(最終入館 22:30)、金・土・休前日/10:00〜25:00(最終入館 24:00)、スカイデッキ/11:00〜20:00(最終入館 19:30)
・入場料:一般1,800円、シニア(65歳以上)1,500円、学生(高・大学生)1,200円、子供(4歳〜中学生)600円
※スカイデッキ(屋上)には別途料金500円が必要(4歳~中学生は300円)。 但し、天候不良などで予告無く閉鎖する場合あり。

Top Photo by ©2016「君の名は。」製作委員会
Licensed material used with permission by 六本木ヒルズ
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
2年前に開催され好評を博したイルミネーションイベントが、待望の復活。とはいえ、今回の舞台は中目黒ではなく渋谷。代々木公園ケヤキ並木〜渋谷公園通りの約750...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
これはノルウェー在住のSergej Stopelさんによる作品の数々。画像から推測すれば、ボールペンを使っているのだろう。絵の隅々まで、しっかりと濃淡がつ...
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
Facebookやインスタを見ると、いつも誰かが南の島で楽しんでいる。うらやましい。僕も行きたい。我慢は、できない。単調に過ぎていく日常からどうにか抜け出...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
今日、他の連中が「したくない」ことを私はする。だから明日、彼らが「できない」ことを達成できるんだ。例えばこの言葉、ビジネス書や自己啓発本の見出しに登場した...