「バイオ燃料」による、環境にやさしい空の旅がはじまる

「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。…それではみなさま、ホノルルまでの環境にやさしい空の旅をお楽しみください」。

そう遠くない将来、機内アナウンスはこんなふうに変わるかもしれない。環境に配慮した代替燃料でジェット機が当たり前に空を飛ぶ時代が、もうまもなくやってくる。

化石燃料に変わる
「代替燃料」開発競争

1d6e81d6223c01649f60d836698e63079c1283ea

現在、一般的な航空機の燃料に使用されているのは「灯油」。厳密に言えば、原油から灯油を精製するときにできるケロシンと呼ばれるものだ。純度が高く、高度1万メートル以上でも凍らず、水分も少ないなどの特徴がある。

だが、限りある資源の保護、跳ね上がる燃料費の問題、温室効果ガスの排出削減をはじめとする環境負荷の観点から、化石燃料に変わる代替燃料の開発が2000年代に入ってから熱を帯びてきた。

非食用の植物油やさとうきび、ココナッツを原料とするバイオ燃料を従来のジェット燃料に混合する新たな燃料も登場している。

廃木材をバイオ燃料へ
アラスカ航空のチャレンジ

そんななかで、2016年11月アラスカ航空が廃材木から精製したバイオ燃料を使ってのフライト実験に成功したという。リリースによると、太平洋北西部の地域で森林伐採され、木材として加工した際に不要となる枝や株、根っこなどを再利用して精製した燃料だそう。

今回のフライトは米シアトルから東海岸のワシントンD.C.まで。満席状態でのテスト飛行を問題なく成し遂げた。じつは同社、今年6月にもトウモロコシを原料とした代替燃料で成功を収めている。 

提供したのは、コロラド州に拠点を置くバイオ燃料の共有カンパニーGevo。「不要な木材で航空機が空を飛ぶ、私たちはこのパラダイムシフトを実現します」、と同社CEOのPat Guber氏は自信をのぞかせるが、ボトルネックとるのはその価格らしい。

廃木材の燃料化にはコストもかかるようで、価格面だけ見れば現状だと化石燃料に軍配があがる。そうした金銭的な問題はあれど、世界で初となる、循環型のエコシステムに沿った木材由来のバイオ燃料に、航空業界の注目は高い。

日本は、ミドリムシを燃料に!?

Bc59724271789aeec89284bc6f0e447546ea2704

環境に配慮した代替燃料なら、日本だって負けてはいない。ANAは微生物のミドリムシを使った「国産バイオジェット・ディーゼル燃料」の実用化を2020年までに目指している。

もともとミドリムシは二酸化炭素を吸収し、光合成をして育つ生物。そのミドリムシを使った燃料ならば、「燃やしてCO2を排出しても、結果的に空気中の二酸化炭素は増加しない」と、ANAと共同で開発を進めるユーグレナ社は期待を寄せる。

空の空気を汚さない努力
CO2排出規制で世界が合意

こうした次世代燃料開発競争の背景には、地上だけでなく空の上もCO2削減に向けた努力が必要とする、世界的なコンセンサスがある。

国際民間航空機関(ICAO)は2016年10月6日、日本を含む世界191カ国が、国際線旅客機の温室効果ガス排出を規制する国際的な枠組みに合意したと発表した。排出されるCO2の削減を目指すだけでなく、今後さらに強まることが予想される規制に向け、各社が導入を進めているのがバイオ燃料という訳だ。

国境をまたいで飛行する航空機、だが環境への配慮はすべての国で。“環境にやさしい空の旅”に向けた各航空会社の企業努力に、注目しながら見ていくと、長いフライト時間の楽しみ方も変わるかもしれない。

「The Denver Post」の考察がおもしろいので、最後に紹介したい。

いわく、レストランが地元でとれた素材にこだわるのと同じように、近い将来、航空会社ごとに自国の廃材や食料、植物を使った持続可能なバイオ燃料をメッセージングする時代がくるかもしれない、と。

塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
機内誌を眺めるか、小さなモニターに集中して最新の映画をみるか、もしくはただじっと目を閉じて目的地に到着するのを待つ、とかく空の上は暇を持て余す。そこにここ...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...