種まきや水やりなど、家庭菜園を全自動化する「FarmBot」。

ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、
いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。

ところがどっこい。

家庭菜園は自動化できるのだ!
ひみつ道具みたいな設備がすでに販売されている。

畑仕事は、ロボットにおまかせ。

B37f1c8d8ff67a87ffcd0a4278485c42728675c8

FarmBot」は、畑を管理するロボットと、その動きをPCやスマホで設定して自動化できるシステム。

Medium 194ac39038fda7c56dbca582bd5621a8c8522983

どこに何を植えるかをドラッグ&ドロップで選ぶ。
同じエリアに違う種類の野菜があっても、問題なく個別に管理できる。

Medium 0b7804a21f834445212ecfe38a07bca5da6f6c43

種を植えたり、土の湿度を測って適量の水をあげたり。
設定通りに面倒をみてくれる。

Medium c81c0f59f882250205b3b6531bcf224edfbbae66

スマホやタブレットでも管理可能。

Medium 72b3220317be319b0bf0a4579bb4f4ca03f976ac

雑草をカメラで検知し、土の中に押し込んで埋めてしまうことも。
農薬を必要最小限の量で使うのもアリ。
アームの先端部も、目的に合わせて自動で切り替えられる。

Medium 28eee05b4ca211b6e84c724db0f0df644ae10e10

設備は、アルミ・ステンレス・スチール・プラスチックで作られていて雨にも強い。ビニーハウスの中でも使える。

Medium 35bd87115e1aba495f9ee7cee371bb058c2d907b

電力はソーラーパネルからも得られる。

Medium 4b027f6b30e4e41498a5eb305bb38911141cab77

インターフェースがわかりやすく、
オープンソースだからデザインは自由。
CADデータもすべて公開されているので、
自分でシステムやパーツを改良できる。

正確な、家庭菜園。

「FarmBot」のサイズは1.5m x 3m。日本からは送料込み・$3,450ドル(約38万円)で購入できる。もしも、一家に一台持つような日がやってくれば、食料自給率が上がるよね…なんて意見も出ているみたいだ。

Reference:FarmBot
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
夫婦共働きが当たり前の現代社会。そんな中で、結婚相手として女性から支持を集めるのは、いわゆる家庭的な男性です。夫婦共働きとなると、家事や育児に協力的な男性...
一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水を...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
男性に理想の女性の好みを聞くと、決まって返ってくる答えが「家庭的な女性」。料理や洗濯、家事をそつなくこなす女性像を思い浮かべる人は少ないでしょうが、実際「...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
自宅でハーブを育てよう!…とはいえ、水は?肥料は?光は?と考えると不安。そんなあなたには、手間がかからない上に見た目もキュートなこのアイテムがオススメ。水...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
家庭内暴力の日々をセルフィーする女性。日を増すごとに、彼女の幸せいっぱいの顔が傷ついていく。この映像は、アンチDV組織の「Sigurna kuca」が数年...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
安全なクルマの代名詞とも言える、スウェーデン生まれのVOLVO(ボルボ)。「2020年までに、新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにする」と目標を掲げる...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
トマトの植え込みに最も適したシーズンが、4月〜5月にかけて。つまり今が最旬期。そこで、斬新でカンタンな栽培方法を動画でご紹介。これホント?と、思ってしまい...
経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つ...