世の女子たちへ。ベッドの中でのこんな6つのことを、本物の愛と勘違いしてはいけません。

ものごとを赤裸々に語る口調から、多くの女性に支持を得ているNYライターのZara Barrie。彼女が「Elite Daily」に綴ってくれたのは、「本物の愛」と「セックスだけの関係」の見分け方。

知らず知らずのうちに、自分がすり減るような恋愛をしていませんか?

え、Netflixデート?

ーーそれは、日曜の昼下がり。わたしは親友のアパートでくつろぎながら、延々とおしゃべり。ひと通り話が落ち着いたとき、彼女は今夜のデートについて打ち明けてきた。

「ちょっと前からTinderで話してて、ようやく誘ってきたの。彼、とてもキュートなのよ。21:30頃に彼の家にいくわ」

「ずいぶん遅い時間ね。フランス産ワインとコース料理でもおもてなししてくれるのかしら?」

と、わたしが言うと

「そんなんじゃないわ。たぶん、ビールを空けながらNetflixでも見るんじゃない?」

Netflix!?

わたしの親友は、美術史で修士号をとっているのよ?すごく美人で、頭が良くて、おまけにユーモアセンスも抜群。それに、Netflixなんかよりも読書が好きなはず!どう考えてもセックス目当ての男にひっかかったとしか思えない…。

セックスだけの関係でいいなら、それはそれでいいと思う。でも、それを「デート」と呼んでしまうことに悲しさを覚えたわ。だってそんなの、新しい恋愛だなんて言えないもの。

Cf893f184975baabead993460d3716835f9b985a

長く付き合ってる彼ならまだしも、初デートが「Netflixを見ながらゴロゴロする」だったら疑ったほうがいいわね。家でテレビを見るだけなんて、ロマンスのかけらもないでしょ?

どう考えてもセックス目当てに決まってるわ。そんな相手に時間を割く必要なんてないんだから。

夜中2時のメールに
「キュン」としちゃダメ

気になる彼から深夜にメールが来たからって、“深い仲”だなんて思ったら勘違いよ。夜中に連絡が来るなんて、酔っ払ってセックスを求めるに決まってる。

そんなヤツとの関係じゃなくて、四六時中あなたのこと考えてくれるような人と付き合うべき。

プラスαの努力があってこそ
「愛」と呼べる

毎日セックスするなんて、言ってみれば簡単なこと。本当に愛しているなら、相手のためにもっと努力するものなのよ。忙しくても会える時間を作ったり、私だけにヒミツを打ち明けてくれたり。

もちろんセックスだって大事だけど、それだけじゃ「本当の愛」なんて言えないわ。

セックスは
セックスでしかない

彼と寝ただけで、「私に心を許してるんだわ」とか勘違いしてない?ほとんどの男は、セックスなんてただ気持ち良くなるための手段としか思ってないのよ。

何回寝ても同じ。ふたりの将来に保証なんてないんだから。

ベッドの上で交わした約束を
信じたら負け

5867f613709e6dcc5cd34d81c209c0ddfc72f506

最高のセックスのあと、「わたしと付き合ってみない?」って思い切って聞いたら、彼は「もちろん」と返してきたの。それなのに、その日をさかいに音信不通…。

これだけは言っておくわ。セックスで気持ちが高ぶっているときの口約束は、信用しちゃダメ。男はこういうとき、冷静な判断ができない生き物なの。あなたにふさわしいのは、最悪なことがあった日の翌日に、コーヒーに付き合ってくれるような相手。

心がボロボロのときにそばにいてくれる彼なら大丈夫よ。体だけの関係なんて、あなたがすり減るだけ。

セックス=「愛」ではない

セックスしたからって「愛」があるとは限らないの。セックスってパワフルだからそう思っちゃう気持ちもわかるし、ベッドでの相性がいい人に出会えるのもラッキーなことだと思う。

だけどこれを「愛」と勘違いしちゃダメ。わたしもそれに気づくのに、ずいぶん時間がかかったわ。

「愛」がある関係って、もっと別なものなの。あなたの話に興味を持ってくれたり、あなたのために時間を割いてくれたり、つらいときには寄り添ってくれたり。

だから、「愛」とセックスの両方があれば怖いものなし。そんな人と出会えたら、素敵な恋愛ができるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
あなたの周りにもきっといる、気の強い女性。職場ではテキパキ働く彼女たちのことだから、「きっとベッドでもリードしてくれるんじゃないかな…」なんて期待している...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でしておくべき、というのがこの記事の主張。語って...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
男性から届いたメッセージを何十回も読み返したり、メッセージにハートマークがついていたら「友だち以上の意味があるかも?」なんて考え込んでしまったり、そんな「...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...
都合のいいときだけ連絡がくる、ウソをつく…。この人、大丈夫かな?と思いつつ気持ちをごまかしていたかもしれませんが、その男性「恋人として最低」の可能性もあり...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...